Image courtesy of Buildmedia Wellington

デジタルツイン

建築、土木エンジニアリング、建設向け

都市計画や都市の維持管理の世界は変化しています。解析ツールが効率を高め、意思決定に必要な情報提供に役立つことから、デジタル ツインの利点がますます明らかになってきています。Unreal Engine が果たす役割についての詳細をお知りになりたい方、デジタル ツインの導入についてご相談されたい方は、お気軽にお問い合わせください。

デジタルツインとは?

デジタルツインは建物や都市のような物理的に実在するものの3Dモデルですが、ライブの連続したデータがその機能とプロセスをリアルタイムで更新し、構造を分析し最適化する手段を提供します。物理的システムからデジタルレプリカへデータが送られると、本物と同じように動き機能するため、プロセスに対するフィードバックを即座に視覚的に確認することができます。収集したデータは、速度や軌道、エネルギー使用量などのメトリクスを計算したり、効率性の分析や予測に使用することができます。

詳細については、こちらの記事 デジタルツインとは? をご覧ください。

なぜデジタルツインが重要なのか?

ビデオシリーズ「The Pulse」では、専門家たちが、現在のみならず今後数十年先の未来においても、デジタルツインが都市住民の生活の質をどのように向上させることができるのか議論しています。
Image courtesy of 51WORLD

より良い立案のためのシミュレーション

51World が衛星、ドローン、センサーからのデータを使用して、中国で最も人口の多い都市である上海のデジタルバージョンを作成した方法をご覧ください。

開発のための計画

タンパ市の複合現実 デジタル ツインでは、3D プリントされた建物とプロジェクション マップされた都市の縮尺モデルを組み合わせて、今後 5 年間の 56 エーカー(約 23 万平方メートル)に及ぶ開発のリアルタイムの発展を表しています。
Image courtesy of SPP and Imerza
Image courtesy of Aerometrex

変化に備える

デジタルツインとスマートシティの登場に備えて、Aerometrex社は、Twinmotion を使用してオーストラリアの主要都市の 3D レプリカを作成しています。その最初のプロジェクトはアデレード市とその周辺で、総面積は1,000平方キロメートルに及びます。

Unreal Engine で実現しよう

Unreal Engine を使用すると、複雑なデジタル ツインを作成し、それらを使用して、これまでにない方法でアセット、プロセス、ワークフローをリアルタイムで視覚化することができます。詳細をお知りになりたい方、独自の実装についてご相談されたい方は、こちらからお問い合わせください。そしてUnreal Engine を今すぐ無料でダウンロードし、最初の一歩を踏み出しましょう。