Unreal Engine 5.1 が映画制作、放送、アニメーション、ライブ イベント向けの新機能を提供

2022年11月15日
Unreal Engine バージョン 5.1 のリリースには、あらゆる業界のクリエイターに役立つ機能強化が追加されています。このブログでは、バーチャル プロダクションや LED ステージ プロジェクトを含む、実写およびアニメーション映画やテレビ コンテンツの制作者、および放送局やライブ イベント制作チーム向けの新機能について紹介します。

過去 2 年間で、メディアやエンターテインメントのプロフェッショナルや、あらゆる規模の企業の間で Unreal Engine の採用が急速に進み、パフォーマンスベースのキャラクター アニメーションによる YouTube ショー Xanadu、Pixomondo による Caledon フットボール クラブ向けのテレビ コマーシャル、および Fox Sports による 新しいバーチャル プロダクション スタジオ などのプロジェクトが成功を収めています。Epic Games では、これまで以上に使いやすく、幅広い優れたツールセットを搭載した Unreal Engine 5.1 によって、この成功を足掛かりとして、この業界がさらに飛躍できるよう、より一層のサポートを提供していくことを目指しています。

Unreal Engine 5.1 で導入されたメディアおよびエンターテインメント向けの新機能

ステージ操作のサポートを強化

ペースが速く、プレッシャーのかかる LED ステージの環境で作業するステージ オペレーターには、新しい専用のインカメラ VFX エディタが役立ちます。このエディタは、ステージ オペレーターが実行する必要のあるタスクに特化し、幅広いワークフローをサポートします。インカメラ VFX エディタを使用すると、ステージ オペレーターは、ほとんどの場合、特定のオブジェクトやコントロールをアウトライナーから見つけ出す手間が省けます。

このエディタの機能を反映し、タッチ操作が可能な UI を備えた 5.1 対応の iOS アプリケーションが、今後数週間以内にリリースされる予定です。これに伴い、リモート コントロール API の UI、ユーザー エクスペリエンス、パフォーマンスが強化され、カスタム ブラウザベースの強力なリモート コントロールをより迅速かつ簡単に構築できるようになりました。

この新しいエディタは、改良されたライト カード システムのインターフェースを備えています。ライト カードは nDisplay ウォールのプレビューとして表示されます。ライト カードの作成、移動、編集、テンプレートの保存がわかりやすく、効率的に操作できるようになっただけでなく、新しいライト カードはウォール上で形状を保持できるため、歪みが解消されます。
Unreal Engine 5.1 でライト カードを編集する
LED ステージのワークフローでは、LED ウォールと実際のセットを融合し、LED ウォールのコンテンツを調整するうえで重要な機能である色補正が欠かせません。また、インカメラ VFX エディタで使用できる Color Correction Windows (CCW) は、背後にあるもののみに調整を適用できます。アクタごとに色補正を適用する機能も備えており、複雑なマスキングを行う必要性が減ります。

メディア プレートのワークフローと EXR 再生の改善

EXR やムービー ファイルをレベルやシーケンサーのトラックに追加するためには、これまで何十回もクリックする必要がありました。Unreal Engine 5.1 では、新しい Media Plate アクタを使用して、コンテンツ ブラウザから映像を簡単にドラッグアンドドロップできます。さらに、ミップマップされ、タイル処理された非圧縮の EXR をエンジン内や、適切な SSD RAID を備える nDisplay で再生できるようになりました。また、最適な再生を実現するため、EXR を適切な形式に変換する機能も搭載されています。

VCam の刷新

同時に、Unreal Engine のバーチャル カメラ システムを刷新し、Epic の Pixel Streaming テクノロジーを活用する新たな基礎となるフレームワークを導入しました。これにより、応答性と信頼性が向上し、UI も撮影スタッフにとって使いやすい最新のデザインに更新されました。また、ハードウェア デバイスを接続する機能を追加し、将来的な UI のカスタマイズに対応できる基盤を構築しました。
Unreal Engine 5.1 での VCam の機能強化

DMX ワークフローの改善

Unreal Engine をより大規模な DMX エコシステムにシームレスに統合するため、フィクスチャー、プロット、パッチを含むように MVR 形式のサポートを強化しました。これにより、Unreal Engine とライティング コンソールの両方で DMX データを共有する必要がある場合、2 つのシステムの間で DMX データを同期することができます。また、ピクセル マッピング システムのユーザー エクスペリエンスも改善され、Unreal Engine のコンテンツおよびデータからの複雑化の一途を辿る DMX ライティング フィクスチャーの制御に対応しています。

ライティングの機能強化

Unreal Engine の完全に動的なグローバル イルミネーションおよび反射のシステムである LumennDisplay 向けの初期サポートが提供されるようになりました。Lumen では、太陽の角度を変えたり、ライトを調整したり、バウンス カードを配置したりすると、それにあわせて間接ライティングが変わります。これまでは、このような変更を行うためにはベイク処理が必要で、クリエイティブな流れが中断されることもありました。
 
Unreal Engine 5.1 での Lumen の nDisplay 向けのサポート
現在、サポートしているライトの数は多くはありません (グラフィックス カードに応じて、合計約 5~7 個のライト)。より多くのライトを必要とする複雑なセットアップに対応するため、GPU Lightmass も改善し、スカイ環境、固定スカイ ライト、IES プロファイル、および矩形ライト テクスチャなどのライト機能をサポートし、品質とパフォーマンスを全体的に強化しました。

アニメーションとリギングの機能強化

アニメーション コンテンツ、特にキャラクターを担当するユーザー向けに、Unreal Engine 5.1 では、ビルトインのアニメーション オーサリング ツールセットの機能が大幅に強化されています。

現在ベータ版である機械学習 (ML) Deformer (デフォーマー) は、非線形デフォーマー、複雑な独自のリグ、または任意の変形の忠実度の高い近似を生成します。これは、カスタムの Maya プラグインを使用して機械学習モデルをトレーニングし、そのモデルを Unreal Engine でリアルタイムで実行することで実現します。これにより、筋肉の屈曲、血管の膨張、皮膚の動きなど、映画レベルの変形をシミュレートすることができます。
機械学習 デフォーマー (左) とリニア スキニング (右)
その他のキャラクターの変形に関する改善点には、グラフの作成と編集をより簡単にするデフォーマー グラフ エディタの機能強化があります。
一方、コントロールリグについては、リギング チームに対する影響とスケーラビリティを高めることができるように、完全にプロシージャルなリギングの実現に向けて引き続き機能拡張に取り組んでいます。このためのコア フレームワークでは、グラフを使用してリグ階層を生成できる新しいコンストラクション イベント、「Snap FK to IK」などのリグ イベントを作成して、トリガーするカスタム ユーザー イベントが更新されています。

これらの更新により、単一の Control Rig アセットを作成して、そのアセットを、スケルタルのプロポーションやプロパティが異なる複数のキャラクターにあわせてビルドできるようになりました。たとえば、同一のコントロールリグを、リグ アセットを一切変更することなく、3 本指のモンスターや 5 本指の人間にあわせてビルドすることができます。

また、Unreal Engine のマルチトラック非線形アニメーション エディタであるシーケンサーを位置、回転、視線などのコンストレイントをサポートするように拡張しました。これらを使用すると、迅速かつ簡単にコントロールリグまたはアクタ間の関係性を作成してアニメートすることができます。たとえば、カメラが常にキャラクターに追従するようにしたり、キャラクターの手をハンドルに置いたままにしたり、ボールをジャグリングするピエロをアニメートしたり、カウボーイの腰にコンストレイントを適用して、馬の動きにあわせて自然にサドルに座って、手綱を握るようにしたり、といったことが可能になります。
Unreal Engine 5.1 でのコンストレイントのシーケンサーのサポート
また、シーケンサーでは、ブループリントおよび Python のスクリプティングで公開される追加機能が搭載されています。さらに、UI/ユーザー エクスペリエンスのリファクタリングを行い、安定性と拡張性を高め、アニメーションのオーサリングおよび編集ワークフローを改善しました。

その他多数の改善や機能強化を実施

ここでご紹介したのは、Unreal Engine 5.1 のメディアおよびエンターテインメント向けの新機能および機能強化のほんの一部にすぎません。すべての新機能および機能強化については、リリース ノートをご覧ください。
 

一部の機能はベータ版であり、プロダクション対応ではありません。詳細については、リリース ノートをご覧ください。

    今すぐ Unreal Engine 5.1 を入手しましょう!

    Unreal Engine の既存のユーザーは Epic Games Launcher から Unreal Engine 5.1 をダウンロードできます。Unreal Engine を初めて利用する場合は、以下のリンクをクリックして利用を開始してください。すべての新機能とアップグレードをお楽しみください。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント
    1月17日

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース
    2月16日

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース
    2月6日

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!