Courtesy of Live Virtual Tours

Unreal Engine で形作る住宅建設と不動産販売の未来

2022年7月14日
世界中の建設会社と不動産デベロッパーが、未来の購入者に住宅をカスタマイズして見せるための新しいテクノロジーとプラットフォームに注目し始めています。これまで、住宅建設業界と新築住宅の販売市場では静止画とアニメーションによるウォークスルーが使われてきましたが、カスタマー エンゲージメントに次世代のアプローチを取り入れることにはメリットがあります。大規模住宅のデベロッパーにとっては、事前に販売の契約を結ぶことが非常に重要です。そこで、完成前の住宅を魅力的な形で見込み客に紹介できる必要があります。

パンデミックによる制限が後押しとなり、住宅建設業界はリアルタイム テクノロジーなどのイノベーションを導入し始めています。これは、リアルでイマーシブなエクスペリエンスを購入予定者に届けることになるだけでなく、透明性の向上にもつながります。実際の大きさを反映したリアルタイム環境では、何かを隠したり、アングルを巧みに操って部屋を大きく見せたりすることはできません。
 

Unreal Engine の強力なリアルタイム機能を元に、いくつもの先進的な企業が新しい住宅建設プラットフォームを作り出しています。このアプローチを採っているパイオニアの 1 つが Away Digital Home です。オーストラリアに拠点を置く Away Digital Home は、親会社 Away Digital から独立する形で創設されました。Away Digital は 10 年ほどにわたり、オーストラリアで多数の住宅を作る建設業者と協力して図面の作成や見積のサービスを提供しています。
 
Courtesy of Away Digital Home

Away Digital Home でディレクターを務める Aidan Wollner 氏は次のように述べています。「大半の場合、住宅を購入する人は購入に向けた過程で多数の決断を下す必要があります。それぞれの決断に時間がかかり、視覚化の手段がないと混乱が生じることもあります。選択によっては予算を超えてしまうこともあり、そうなったらやり直しです」

顧客は新しい家をデザインすることが好きだが視覚化することに苦労しているとわかった Away Digital Home は、インタラクティブなソフトウェア プラットフォームを開発し、住宅の購入予定者が将来の家のフォトリアルな 3D モデルを見て回ることができるようにしました。Pixel Streaming をベースにしたそのプラットフォームでは、立面図、間取り図のオプション、素材、商品を顧客が選ぶことができます。選んだ内容を記録し、各購入者が夢に描く住宅のデザインを実現できるようにします。
Courtesy of Away Digital Home
「Unreal Engine によって、データを活用したフォトリアルでインタラクティブな住宅を作り、建設業者がそれぞれのデザインとあらゆる構成を購入者に見せることができるようになりました」と Wollner 氏は述べています。Pixel Streaming は高品質なビジュアライゼーションの提供を可能にします。顧客がいる場所や、デジタルの住宅を閲覧するために利用しているハードウェアから影響を受けることはありません。
 
Courtesy of Away Digital Home

そのプラットフォームは、リアルタイムのインタラクションによってカスタマージャーニーを大幅に強化して売上の向上につなげています。また、住宅建設業者のプロセスの短縮にも貢献し、実際に建設したり市場に提供したりする前に新しいデザインを試すことができるようにしています。

オーストラリアの大手住宅建設業者の 1 つである Porter Davis Homes は昨年以来 Away Digital Home のプラットフォームを利用して良い結果を残しています。布地から電気のスイッチまであらゆるもののデザインのディテールに気が配られた高品質のバーチャル化により、物件がどのようなものか顧客が感覚をつかめるようになっています。カスタマージャーニーが強化されたことで、デジタルでの問い合わせと売上の両方が増加しています。

3D Estate

ポーランドに拠点を置く 3D Estate もデベロッパーに次世代のビジュアライゼーションを提供しています。新築住宅市場に重点を置く 3D Estate は、大手の不動産プラットフォームと不動産デベロッパーによる完成前の住宅の販売を支援しています。Unreal Engine を活用した 3D Estate のプラットフォームでは、集合住宅の回転する 3D モデルとバーチャル ツアーを作成し、購入予定者が閲覧できるようにしています。2018 年以降、25 万室以上の集合住宅を 3D で作成し、ポーランドの新築住宅の 30% 以上についてインタラクティブなビジュアライゼーションを作成しています。3D Estate は SaaS のビジネス モデルを採用しているため、プラットフォームの初期導入の障壁は低くなっており、デベロッパーは早期にビジュアルを手に入れることができます。
Courtesy of 3D Estate
3D Estate の最高ビジネス開発責任者、Jakub Jamontt 氏は次のように述べています。「Unreal Engine を利用する最大のメリットは、マテリアルを優れた品質のグラフィックスで極めて高速にレンダリングできることです」

レンダリング プロセス全体を完了するまでに、小規模な集合住宅では 5 〜 7 分、大規模な物件でも最大 15 分ほどしかかかりません。デベロッパーは集合住宅の 6 種類のスタイルから好きなものを選ぶことができ、シンプルなインターフェイスで Web サイトに 3D モデルを追加できます。

「これは Unreal Engine なしでは不可能です」と Jamontt 氏は述べています。また、Unreal Engine 5 が登場したことにより、3D Estate はレンダリング速度を約 15% 向上させることができています。さらに、インテリアのデザインとカメラの配置のプロセスは Unreal Engine のビジュアル スクリプティング システムであるブループリントを使って自動化できるため、チームでは空の 3D の集合住宅にスクリプトを使ってデータを加えています。

3D Twin

3D Estate は、インタラクティブなツール 3D Twin も提供しています。これは開発されている地域全体を紹介するツールです。そのアプリケーションは、スマートフォン、PC、ショールームにある 8K のスクリーン、VR ヘッドセットなど、あらゆるデバイスで動作します。3D Twin のアプリケーションは全体をオンラインで利用できるため、デベロッパーの Web サイトに導入することもできます。2021 年にリリースされて以来、3D Twin は 100 を超えるプロジェクトで利用されています。利用者の大半はポーランドの不動産デベロッパーですが、一部はほかの国からも利用されています。その包括的なツールを利用すると、購入者が面積やベッドルームの数などの基準で集合住宅を検索できます。それから、実際には未完成のところをバーチャルな空間で歩き回ることができます。

Jamontt 氏は次のように述べています。「これは営業担当者と集合住宅を探している人、両方にとってのツールです。建物の中に入ったり、バルコニーからの景色を確認したりできることには非常に大きな価値があります」
 
Courtesy of 3D Estate

3D Twin は、購入者が情報に基づく意思決定を下せるようにするとともに、営業担当者にとってはシンプルで直感的なツールとなります。また、建物のデジタル ツインを確認し、見込み客からフィードバックを受け取ることで、建設前にデザインについて重要な調整を加えることができるようになります。3D Estate は常に数百のプロジェクトを並行して進めています。最近では、ポーランド南部の都市ヴロツワフの中心部で建設される 183 室の大規模集合住宅、BPI Czysta のインタラクティブなビジュアルを作成しました。

重視しているのは新築市場ですが、3D Estate は中古住宅市場向けにも Unreal Engine を使って 2D の間取り図から 3D のモデルを作成しています。3D のモデルは手書きの間取り図からでも自動的に生成でき、6 種類のスタイルのいずれかでレンダリングされてバーチャルな住宅を閲覧できるようになります。

Live Virtual Tours

スペインの主要な住宅デベロッパーの 1 つである AEDAS Homes から分離独立した Live Virtual Tours はまた別のアプローチを採っています。Live Virtual Tours はグリーン スクリーンとバーチャル プロダクション テクノロジーを使って販売エージェントを 3D モデル内に加え、そのモデル内から見込み客と直接コミュニケーションを取って「リアルタイムのホーム ツアー」を実施できるようにしています。

AEDAS Homes の物件の多くが移住や 2 つ目の家の購入を検討している顧客に人気がある場所にあったため、Live Virtual Tours が創設されました。Live Virtual Tours のプラットフォームは COVID-19 の流行以前から運用されていましたが、パンデミックによる移動規制を受けて、世界中の顧客に住宅をリモートで紹介するニーズが高まりました。
 
Courtesy of Live Virtual Tours

Live Virtual Tours の CEO、José Luis Leirós 氏は次のように述べています。「当社のテクノロジーにより、不動産業者はビデオ通話をしてバーチャルな住宅を顧客と一緒に歩き回りながらその快適さを伝えることができます。新築住宅の販売に重要なのは信頼です。私たちは、見込み客が将来の住宅を経験できるようにする、マーケティングの差別化につながるツールをデベロッパーと仲介業者に提供しています。私たちのアプローチが特別なのは、3D モデル内に入り込んでいるアドバイザーと顧客が会話できる点です。リアルタイムの会話によって信頼度が高まり、コンバージョン率が大幅に向上します」

バーチャルなエクスペリエンスの作成

2021 年に、Live Virtual Tours は、マヨルカ島で 21 件の高級別荘を開発する Amber Village のプロジェクトに Engel & Völkers と協力して取り組みました。Engel & Völkers は高級住宅の仲介に関するサービスを専門に提供する世界有数の企業です。ターゲットの顧客の大部分はドイツに住んでいたため、COVID-19 に伴う厳格な移動規制のもとで住宅を紹介することが難しくなっていました。

Leirós 氏は次のように述べています。「Amber Village のバーチャルなエクスペリエンスを作成するために、まず Unreal Engine で共用部分とインテリアを含む 24 の邸宅の 3D モデルを作成しました。モデルが完成したら、グリーン スクリーンを使ってアドバイザーをリアルタイムで合成できるようにしました。それからドイツにいる見込み客とビデオ通話をして、不動産アドバイザーがバーチャルなプロジェクト内を歩き回りながら顧客からの質問に答えました」
その後 1 年で、Live Virtual Tours は Engel & Völkers が 1,000 万ユーロ以上の邸宅を販売する手助けをしました。ライブ ツアーから邸宅の販売へのコンバージョン率は 33% という素晴らしい数字になっています。

リアルタイム テクノロジーは、不動産のデベロッパーと仲介業者にとって極めて効果的な営業ツールであることはすでに実証されつつあり、デザインの調整にも役立っています。現在は新築市場で重点的に利用されていますが、これまでの成果から、この革新的なアプローチは中古住宅の市場に拡張しても大きな可能性があることがわかっています。

    今すぐ Unreal Engine を入手しましょう。

    世界で最もオープンで高度な制作ツールを手に入れましょう。
    Unreal Engine は、すべての機能がすぐに使える状態で、すべてのソース コードにアクセスできます。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント
    1月17日

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース
    2月16日

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース
    2月6日

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!