The Mill が F1 の広告を作成する原動力となったリアルタイム レンダリング

Image courtesy of The Mill
By Alistair Thompson |
2020年10月12日
クリエイティブ コンテンツ スタジオ、The Mill は、自動車の広告におけるイノベーションの先駆者であり続けています。まず、2016 年に BLACKBIRD を公開しました。これは完全に調整可能なカー リグであり、ほとんどの車と一致するようにシャーシをすばやく変形させることができ、ライブ アクションの撮影に利用できます。

The Human Race では、この革新的なコンセプトを Unreal Engine による忠実度が高いリアルタイム レンダリング機能と組み合わせて、拡張現実のプロセスを作り出しました。そのプロセスを使うと、クリエイティブ業務の担当者は、ライブ アクションの映像内で CG のカーモデルを即時に視覚化し、必要に応じて調整できました。

この 2 つのマイルストーン以降、The Mill はリアルタイム ワークフローを TV 広告で実際に試しています。最近では、F1 の 2020 年シーズンの開幕に向けたプロモーション映像を作成するにあたり、リアルタイム レンダリングを活用して、Sky の TV 放送に間に合うように厳しいスケジュールに対応しました。
 
Alex Hammond 氏は The Mill の 3D 責任者です。Hammond 氏にとっては、リアルタイムのワークフローは、広告の従来の制作方法と比べて多くの利点をもたらしています。Hammond 氏は次のように述べています。「従来の単一でリニアなナラティブを用いたコマーシャルとは異なり、コンテンツの複数のバージョンを生成するために、リアルタイムのアプローチを活用する 3D アセットを開発しています。アセットは、デザインされた環境またはキャラクター内のディテールを変更して再利用できます」

リアルタイム テクノロジーを活用することで、The Mill はコンテンツを作成し、それらについてイテレーションを行い、Unreal Engine 内で作業をすばやく完了しています。クライアントにもこの考え方を取り入れるよう促し、メディアに対して反応する、ソーシャル コンテンツを作成するメリットを説いています。

Hammond 氏は次のように述べています。「イマーシブな体験型のコンテンツについては、メリットは明らかです。オーディエンスの関与にビジュアルが適応することで、オーディエンスのエンゲージメントのレベルが向上します。用途には限りがありません。的を絞った本当にユニークなソーシャル キャンペーンを作り出すことができるので、クライアントにとってはとても魅力的です」

アニメーションと編集の新しい選択肢の探求

リアルタイム テクノロジーを使うと、自動車のテレビ広告で「ストーリーを伝える」方法が一変します。リアルタイムの持つ試験的な性質によって、The Mill は、以前はそれほど速く考えることができなかったアニメーションや編集の選択肢をすぐに試せるようになっています。

チームでは、プリビジュアライゼーションのレベルを引き上げることができています。高品質のビジュアルを表示し、最終的な映像または作成中のコンテンツをより良く表現しています。フィードバックをリアルタイムで得られるため、カメラのアングルやライティングの条件をすぐに変更できます。その変更は編集へと自動的に反映されるため、イテレーションを高速化して、最終的な映像をより優れたものにできます。 
Image courtesy of The Mill
「Unreal Engine はパンドラの箱のようなツールです。現実の世界とカメラのエフェクトをエミュレートするように設計されています。リアルタイム エンジンを試してみると、ディレクターやストーリーテラーにとってのプラットフォームとしてのメリットがすぐにわかります」と Hammond 氏は述べています。

今後期待されるリアルタイムのイノベーション

5 年前であれば、1 つの広告用の映像からソーシャル メディア用に数百本のミニ映像を作り出すというのは前例のないことだったでしょう。現在 The Mill が使用しているパイプラインでは、従来の VFX とリアルタイムの溝を埋めることができるだけでなく、制作したものをスマートフォンやセットでのモニター越しにリアルタイムで確認できる拡張現実を利用して、アセットを視覚化することもできます。

これはまだ始まりに過ぎません。The Mill は、リアルタイム テクノロジーを広告に活用する新しい革新的な方法をさらに探り続けています。リアルタイムまたはインタラクティブな用途のためにキャラクターを生成することが増えつつあります。また、そのキャラクターが何らかの新しい情報に反応するようにすると、強力なツールとなります。ブランドがオーディエンスに伝えたいメッセージを数か月ではなく数日で変えることができます。

Hammond 氏は次のように述べています。「2 年前に Mill Mascot を開発しました。これはパフォーマンス ジェスチャーをリアルタイムでトラッキングするシステムであり、アニメーションするキャラクターを動かすことができます。今もいくつかの楽しみなプロジェクトに取り組んでいます。これらによって技術はさらに発展し、デジタルのアバターを動かすためのより高度なシステムが開発されるでしょう」

Mill Scout は、The Mill が現在取り組んでいるリアルタイム イノベーションの 1 つです。これは軽量のバーチャル プロダクション ツールであり、ユーザーがセット上で 3D モデルをすぐ視覚化できるようにします。これによって、The Mill はリモートでアセットの開発を続けながら、ディレクターがいるセットへとデータを届けることができます。ディレクターは、リアルタイム用の複雑なセットアップを使うことなく、演技の構図を決めることができます。

リアルタイムによる自動車業界の変革

Hammond 氏は、リアルタイム テクノロジーが将来大きな影響をもたらすと強く主張します。
 
簡潔に言います。リアルタイムのワークフローによって自動車業界に革新が起こります。
- Alex Hammond, Head of 3D at The Mill
「The Mill ではすでに、自動車メーカーによる製品の視覚化をテクノロジーで支援しています。視覚化は、プロトタイプの迅速な作成や、ハイエンドの商業用映像のために利用されています」
Image courtesy of The Mill
リアルタイム テクノロジーの発展により、自動車のスキンや塗装をすぐに変更したり、ディテールをすぐに調整したりすることができるようになっています。こうしたスピーディな変更は、顧客の希望する仕様に合わせてカスタマイズした自動車を売り込むための強力なツールとなるため、自動車ショーやショールームにおいて効果的なアピールとなります。「Unreal Engine は自動車のレンダリングにとても適しています。極めて美しい車体のレンダリングを VR ヘッドセットで見ると、非常に印象的です」と Hammond 氏は述べています。

「自動車分野でのリアルタイム テクノロジーの活用はとても刺激的なものです。近いうちに、F1 のサーキットに行かなくてもレースを至近距離で見ることができるようになるかもしれません」

    Unreal Engine を今すぐ入手しましょう!

    世界で最もオープンで高度な制作プラットフォームを入手しましょう
    Unreal Engine はそのままでフル機能と完全なソースコードアクセスを提供し制作準備ができています。