ウェビナー: バーチャルプロダクションの次の段階

UE 4.27 の新しいバーチャルプロダクション機能とワークフローに興味がありますか?そんなあたなに朗報です! 最近行われたウェビナー The Next Step in Virtual Production(バーチャルプロダクションの次の段階)では、まさにそれについて取り上げました。以下から録画をご視聴ください(日本語字幕付き)。
 
Unreal Engine は、メディア制作のほぼすべての側面を変えつつあり、急速に進化を続けるバーチャルプロダクションとインカメラ VFX (ICVFX) の分野の最前線に位置しています。Unreal Engine 4.27 のリリースでは、使いやすさ、効率性、品質を向上させる多数の新機能により、これらの画期的な映画制作技術がこれまで以上に身近で実用的なものになります。

Epic の広範囲にわたるバーチャルプロダクションチームとともに、この無料のプレゼンテーションとパネルディスカッションに参加してください。ここでは、このリリースが実写とアニメーションの両方のコンテンツ制作にどのような新しい可能性をもたらすのか、また、ICVFXとブロードキャスト バーチャル グラフィックスの爆発的な成長がUE 4.27の開発にどのような影響を与えたのか、詳しく説明します。

学習できること
  • 最新の ICVFX ツールキットについて
  • 強力な新しいワークフローが制作上の重要な問題をどのように解決するのか
  • 開発のきっかけとなった制作上のニーズ
  • バーチャル制作を検討している人にとって、この急成長が意味するもの

    さらなる学習コンテンツをお探しですか?

    Epic と業界のスピーカーによる様々なトピックに関する専門的なアドバイスを聞くには、ウェビナー シリーズの全コンテンツをご覧ください。また、Unreal のオンライン学習ポータルでは、実践的なビデオ コースやガイド付き学習パスをご覧いただけます。