Image courtesy of Ben Coello

「ストーリーテラーのためのバーチャルプロダクション」チャレンジの優秀作品が発表されました

2021年3月16日
アーティストにちょっとしたヒントとプロンプトを与えると、素晴らしいものが生まれることがあります。先日、ArtStationと共に主催した学習コース兼チャレンジのハイブリッドにおいて、選ばれた VFX アーティストが私たちをびっくりさせるような成果を実現しました。この招待者のみに開かれたコース「ストーリーテラーのためのバーチャルプロダクション」は以下のようなアイデアをテストするためのものでした。Unreal Engine を使ったことがないプロのグループを集めて、業界プロによる特別なレッスンコンテンツを提供したら、5週間で映画品質のシーンを作り出すことが可能になるでしょうか?答えは…「はい」です。

コースには一捻りありました。最後の試験は ArtStation 主催のコンテントの形になりました。参加した数百人のうち、68人がプロジェクトを提出して批評を受けました。数週間のセルフペースの学習を終えて最後のチャレンジになると、自由な創作の可能性が開きました。コミュニティの要素も強まり、最終プロジェクトの提出までに仲間として資料を共有し、お互いに励まし合うことが行われました。 

ルール

プロダクションアーティストがインスピレーションを得て集中できるように、いくつかのテーマが用意されました。「環境: 発見」 「乗り物: レース」といったものです。参加者はUnreal Engine マーケットプレイスQuixelTurboSquid と個人制作のアセット(サードパーティ IP のものは除く)を使用しました。 

毎週、参加者には ArtStation での制作状況の報告義務がありました。チャレンジのホストと参加者仲間がフィードバックとコメントを行いました。 

ホストの一部を紹介します:
  • Javier Perez、シニアマテリアルアーティスト(PlayStation VASG)
  • Karen Stanley、シニアエンバイロメントアーティスト(Ubisoft Toronto)
  • Mathew Wadstein、Unreal Devgrant を受賞したゲーム開発者
  • Deepak Chetty、プロデューサー(Epic Games)
  • Kevin Lyle、テクニカルトレーニングデベロッパー(Epic Games)

Deepack Chetty はこのように振り返っています。「このグループを見るのはとてもおもしろいものでした。自分の問題を解決し、皆で協力し、強い絆が生まれました。中にはさらに仲がよくなって自分たちの Discord チャンネルを作り、アドバイスを提供し合った例もありました。映画を作ることを計画しているグループもいます。皆、熱心にこのコースに取り組みました。一週間に20時間というのはそれ自体でもすごいことです」 

5週間の最後に、参加者は24fps、最低解像度 1920x1080 のビデオと高解像度静止画をアップロードしました。そして、トップ3の優秀作品が選ばれ、ArtStation でのプロモーションが行われました。一番多く「いいね!」を受け取った作品は Epic Games の特別賞を受賞し、Epic グッズの詰め合わせも授与されました。 

優秀作品

人工生物に立ち向かう未来戦士から、鳥に優しくするロボットまで、クリエイティブでかつ高い技術スキルを示した素晴らしい作品が集まりました。その中でも特に素晴らしいものを紹介します。
 
Image courtesy of Ben Coello
Image courtesy of Emanuele Lomello
  • 3位は ArtStation ユーザーでフリーランスアーティストの Ryan です。彼の作品である Ghost Town は嘆きが実体化する、水に沈んだ奇妙な都市を描いたものです。 
Image courtesy of Ryan
他にも5人が「honorable mention」の栄誉を得て、さらに18人が「challenge favorite」に選ばれました。今回はプライベートなイベントとしてチャレンジを実施しましたが、秋にはより開かれたイベントを計画しています。

    他の学習コンテンツにもご興味がありますか?

    Unreal オンラインラーニング ポータルには
    160時間を超える実習ビデオコースとラーニングパスが用意されています。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント
    1月17日

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース
    2月16日

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース
    2月6日

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!