ウェビナー: Unreal Engine を使用したデジタルツインのデータ ビジュアライゼーション

先日、ライブウェビナー Visualizing Data in Digital Twins with Unreal Engine (Unreal Engine を使用したデジタルツインのデータ ビジュアライゼーション)を開催しました。見逃した方は以下から録画をご覧いただき、Unreal Engine を使用してデータをビジュアライズする方法を学びましょう (日本語字幕付き)。 
 

デジタルツインは、ライブの連続したデータがその機能とプロセスをリアルタイムで更新する物理的に実在するものの3Dモデルです。これらのモデルはその構造物を分析し、最適化する手段を提供します。このウェビナーでは、Unreal Engine を使用してこの接続データをビジュアライズする方法を実演します。

WSP の Ludvig Lovén 氏が Unreal Engine プラグイン用の Microsoft Azure Digital Twin (ADT) Link を紹介し、それに付随するサンプルプロジェクトの概要を説明します。 そして、プラグインについて深く掘り下げ、AIとパーティクル システムを使用して説得力のあるビジュアル フィードバックを得る方法を説明します。

忘れずに ADTLink for Unreal Engine プラグイン をインストールし、ADTLink for Unreal Engine sample をダウンロードして、独自のデジタルツインを作成してください。 

ウェビナーの内容:
  • デジタルツインを始めるためのヒント 
  • リアルタイムの分析に IoT センサーを活用する方法
  • Niagraパーティクル システムをビジュアル コミュニケーションに利用する方法
  • ADTLink for Unreal Engineプラグインのカスタマイズに関するアドバイス

    さらに学習コンテンツをお探しですか?

    Epic と業界のスピーカーによる様々なトピックに関する専門的なアドバイスを聞くには、ウェビナー シリーズの全コンテンツをご覧ください。また、Unreal のオンライン学習ポータルでは、実践的なビデオ コースやガイド付き学習パスをご覧いただけます。