ウェビナー: Unreal Engine のリアルタイム レイトレーシングを使用した建築ビジュアライゼーション

2020年7月30日
先日、ライブウェビナー 「Using Unreal Engine’s real-time ray tracing for archviz(Unreal Engine のリアルタイムレイトレーシングを使用した建築ビジュアライゼーション)」を開催しました。見逃された方もご安心ください。以下から録画をご覧いただけます。
 

リアルタイム レイトレーシングは、リアルタイム環境におけるフォトリアリズムの限界を押し広げる、パワフルで柔軟性の高いレンダリング手法です。このプレゼンテーションでは、ビジュアライゼーションの専門家の方々に、Unreal Engine のリアルタイム レイトレーシング技術を十分に理解していただくことができます。

テクニカル アーティストの Matthew Doyle が、プロジェクトをレイトレーシング向けに最適化し、リアルタイムのグローバル イルミネーション (GI) やレイトレースされたシャドウ、反射、半透明などの機能を活用するためのベストプラクティスを紹介しています。マテリアル、ライト、露出の設定からデバッグ、パフォーマンス プロファイリング ツールまで、すべてをカバーしています。また、高解像度のレイトレースされた動画や静止画をレンダリングする方法もご紹介します。

学習できる内容: 
 
  • リアルタイム レイトレーシングで使用されるコアマテリアルの概念を理解する
  • リアルタイム レイトレースされたシャドウとGIのためにライトを調整する
  • レイトレースされた反射と半透明オプションの使用
  • レイトレースされたシーンのデバッグとプロファイル

    他の学習コンテンツをお探しですか?

    Epic と業界のスピーカーによる様々なトピックに関する専門的なアドバイスを聞くには、ウェビナー シリーズの全コンテンツをご覧ください。また、Unreal のオンライン学習ポータルでは、40 時間を超える実践的なビデオ コースやガイド付き学習パスをご覧いただけます。