2020年7月2日

Mod をサポートするための新たな UGC Example プロジェクトとプラグインがリリースされました

作成 Chance Ivey

2017年に私たちは、『Robo Recall』とともに、カスタムの UE4 エディタを使うユーザー制作の Mod のためのサポートをリリースしました。このプロジェクトのソースコードが入手可能であるため、『Robo Recall Mod Kit』は、Mod のためのサポートを Unreal Engine によるゲームに追加するための見本となるとともに、エディタ用拡張機能を Unreal ベースの Mod キットに追加する場合の手本となりました。そのリリース以来私たちは、多数のゲームがユーザー制作のコンテンツ (UGC) とカスタムのエディタのためのサポートをともなってシッピングされるのを目にしており、それにより、熱意あるクリエイターたちは Unreal のパワーを引き出せるようなりました。本日、私たちは、『Robo Recall Mod Kit』と『Robo Recall』のために作られた多数の UGC 機能を軽量な抽象化を施してプラグインとしてリリースしました。同時に、サンプル プロジェクトを公開することによって、最新バージョンの Unreal Engine でこのプラグインがどのように機能するのかも紹介しています。
News UGC Body01
UGC Example プロジェクトには、SimpleUGC プラグインとスクリプトが含まれており、UGC を作成およびパッケージングするためのエディタ用拡張機能や、新たなコンテンツを発見および使用するためのヘルパー関数、実行時にアクタの交換を可能にするカスタムのコンポーネントなどを追加できます。
News UGC Body02
News UGC Body03
UGC Example は、公式の Epic Games GitHub organization に、導入時に役立つドキュメンテーションとともに置かれています (GitHub のログインと EpicID の紐付けが必要となります) 。このプロジェクトと Unreal Engine 4.25.1 以上のソースビルドを利用して、Mod 対応のゲームをさっそく作成してみましょう。

Mod 作成と Unreal Engine について質問はありませんか?フォーラムへの書き込みをお待ちしております。7月23日 (米国東部時間) の Inside Unreal ライブストリームでは、このトピックをさらに掘り下げて取り上げる予定です。 

Make Something Unreal

最高にパワフルな制作エンジンを使って素晴らしいものを作りましょう。

今すぐ始める