MalberS Animations: すべてのプロダクトが 50% 割引

Pose Driver Connect

Maya でセカンダリ アニメーションを作成し、Unreal Engine にインポートするツールです。

  • サポートされたプラットフォーム
  • サポートされたエンジンバージョン
    5.1 - 5.3
  • ダウンロードのタイプ
    エンジン プラグイン
    この製品には、コード プラグインが含まれており、ビルド済みのバイナリと Unreal Engine に統合される全ソースコードが完備されています。任意のエンジン バージョンにインストールし、プロジェクト毎に有効化することが可能です。

このプラグインは 2 つのツール PoseWranglerPose Driver Connect で構成されています。


PoseWrangler は、MayaUERBFPlugin と連携するための Maya Python ツールです。RBF プラグインを使用すると、ドライバー/ドリブンの関係を活用した複雑なセカンダリ アニメーションを Maya で作成し、n 個のポーズまたはトランスフォーム間をスムーズにブレンドすることができます。


たとえば、肩、肘、太腿、膝など、変形に問題のある領域を修正するために、ポーズのリスト/セットを作成し、セカンダリ ジョイント トランスフォームを微調整することで、各ポーズの変形を修正することができます。


PoseWrangler は、RBF セットアップの作成/管理を簡素化し、Pose Driver Connect が Unreal Engine 内で読み取ることができる中間ファイルに RBF データをエクスポートするための Python API およびユーザー インターフェースを提供します。


Pose Driver Connect は C++ Unreal Engine のプラグインで、PoseWrangler からエクスポートされたデータを使用して、既存の AnimBlueprint 内に PoseDriver のネットワークを作成することができます。これにより、Maya で作成された変形と 1 対 1 で一致するセカンダリ トランスフォームが生成されます。


UE 専用 コンテンツ - Unreal Engine ベースの製品にのみ使用がライセンスされます。

テクニカルノート

PoseWrangler の機能:

  • UE4RBFSolverNode で作成された Maya シーンをサポートし、古い UE4RBFSolverNode シーン用のアップグレード パスを提供
  • 複数のドライバーをサポート
  • デフォルトの UE5 規則から逸脱した命名規則を持つリグを許可するカスタム ミラー マッピングをサポート
  • Python と MayaPy を介して完全に自動化可能
  • RBF パラメータを辞書または JSON ファイルにシリアル化/シリアル化解除し、ポーズを FBX としてエクスポート
  • カスタム拡張機能とコンテキスト メニュー アクションをサポート
  • Maya 2020-2023、Python2 および Python3 をサポート

PoseWrangler for Maya のインストール方法:


マーケットプレイスから PoseDriverConnect.zip を「<UE5 のインストール場所>\Engine\Plugins\Marketplace\PoseDriverConnect\Content」にダウンロードします。

PoseDriverConnect.zip を次の「maya/modules」フォルダに解凍します。

  • Windows:C:\Users\<ユーザー名>\Documents\Maya\modules
  • Linux:~/maya/modules
Maya を再起動します。これで、次の Python コードで、スクリプト エディタから PoseWrangler を実行できます。
from epic_pose_wrangler import main
pose_wrangler_instance = main.PoseWrangler()

Pose Driver Connect の機能:
  • UE 5.1 以降
  • C++ プラグインは、機能をブループリント/Python に公開することで以下を行うことができます。
    • AnimBlueprint 内に PoseDriver ノードを作成する
    • PoseDriver ノードをタグ/ドライバーを組み合わせてクエリする
    • PoseWrangler JSON/FBX ファイルから PoseDriver をインポートして、既存の AnimBlueprint 内にセットアップする
タグ

METAHUMAN