春のクリエイター セール開催中!4月18日まで、対象製品が最大 70% オフになります。

Electric Dreams 環境

PCG フレームワークで作成された GDC SoU Electric Dreams デモの緑溢れる環境を探索しましょう。

  • サポートされたプラットフォーム
  • サポートされたエンジンバージョン
    5.2 - 5.3
今年の GDC の State of Unreal では、 Unreal Engine 5.2 リリースで発表される新しい実験的機能が初公開されました。Electric Dreams と題されたデモでは、プロシージャル コンテンツ生成フレームワーク (PCG) と Substrate という名前の新しいマテリアル オーサリング システム、そして最新の物理の開発が披露されました。Electric Dreams 環境 サンプル プロジェクトを開くと、少数の Quixel アセットでビルドされたデモのジャングル環境を探索できます。Quixel アセットを活用することで、PCG で迅速かつシームレスにワールドを設定できます。そのため、ゲームプレイやその他の要件に応じてリアルタイムにワールドを調整することができます。このサンプルには、PCG に加えて、Substrate opal シェーダー ボールが含まれており、Lumen、Nanite、サウンドスケープなどのその他の UE5 機能のデモも提供します。このサンプルは、PCG ツールをより詳しく探求し、理解するために次の 7 つのレベルで構成されています。
  • ElectricDreams_Env
  • ElectricDreams_PCG
  • ElectricDreams_PCGCloseRange
  • ElectricDreams_PCGSplineExample
  • ElectricDreams_PCGLargeAssembly
  • ElectricDreams_PCGDitchAssembly
  • ElectricDreams_PCGForestv

詳細については、 をご覧ください。免責事項:プロシージャル コンテンツ生成フレームワークおよび Substrate は現在のところ実験的機能であることから、ライブ プロジェクトでの使用はお勧めしません。推奨される最小仕様:
  • CPU:Intel i9 (8 コア、16 論理コア)、3.6 GHz
  • グラフィックス:NVIDIA RTX 2080 (8 GB VRAM)

UE 専用コンテンツ - Unreal Engine ベースの製品のみに使用がライセンスされます。