8月の無料コンテンツが利用可能になりました!

放送サンプル

この Broadcast Hype Chamber プロジェクトは Unreal Engine での効率的でクリエイティブなモーショングラフィックのサンプルです。

  • サポートされたプラットフォーム
  • サポートされたエンジンバージョン
    4.27
リアルタイム技術はモーショングラフィックと放送において重要なものになってきています。Epic Games は Capacity Studios とのパートナーシップによって、高品質なスポーツでのグラフィックサンプルをリリースします。放送においてどのように様々なアニメーション要素をデザイン、開発し、実行するかを見ることができます。Hype Chamber に入り、高度なブループリントとデータテーブル ワークフローを使ってスポーツ向けモーショングラフィック パッケージを駆動する方法を学びましょう。出力したコンテンツに高速にバージョン付けをして制作工程を最適化しましょう。

このサンプルにはライブでの実行、もしくは、プリレンダしたアニメーションとしてデザインされた 10 個のモーショングラフィック アニメーションが含まれています。また、単一のブループリント コントローラーが制御し、アーティストが 3D モデル、テクスチャ、マテリアル、ライティングを切り替えることができるような高度にカスタマイズ可能なグラフィックパッゲージを作る方法も見ることができます。チーム名を変更するとシーンのすべての要素が切り替わります。データテーブルに新しいチームを追加して、ワークフローを簡単に拡張することもできます。Hype Chamber プロジェクトで、スポーツ向けグラフィックが実際の制作でどのように制御されているか見てみましょう。

UE 専用 コンテンツ - Unreal Engine ベースの製品にのみ使用がライセンスされます。

テクニカルノート

Read Documentation