バグをレポートする方法

バグとは、エンジンのコードに存在する欠陥であり、予期せぬ動作を引き起こすものです。バグは特定の条件下で再現が可能です。Unreal Engine 4 でバグを発見したと思われる場合は、下記の手順に従ってください。 

バグレポートの目的は、将来のアップデートにおいて問題を修正することにあります。Epic は、開発における全般的な問題のために個別の技術サポートおよびトラブルシューティングを提供しておりません。Unreal Engine の改善のためにご協力ください。

バグをレポートする前に

  • まず、次の各事項を確認することによって、その問題が本当にエンジンのバグであるのかどうか診断してみてください。 ― その機能は、本来の使い方をしていますか?本来生じるべき結果をご存知ですか?その機能を破壊するようなコードの改変を行っていませんか?サードパーティのプラグインを使っていませんか?サポートされているハードウェアおよびソフトウェアを使っていますか?
  • Unreal Engine Issues のサイト、または、Answerhub のサイトで検索し、その問題がすでに既知の問題であり、レポート済みではないか確認してみてください。
  • その問題をもう一度再現してみてください。依然として発生しますか?再現の手順は分かりますか?再現手順を簡略化できませんか?新規のプロジェクトでも再現できますか?
  • クラッシュが発生した場合は、クラッシュが発生した時の状況に関する情報とともにクラッシュレポートを提出してください。
  • すべての情報を集めてください。. 使用しているエンジンのバージョンは何ですか?使用している OS は何ですか?システムのスペックはどうなっていますか?プロジェクトのログ ({projectname}/Saved/Logs) はありませんか?スクリーンショットはありませんか?

 

ご注意: Epic のスタッフが問題を再現できなかったり、経験することができない場合は、修正もできない可能性が高くなります。

 

レポートを作成する

Epic がその問題を再現および調査できるだけの情報がすべてそろっている場合は、Unreal Engine Bug Submission Form (Unreal Engine バグ提出フォーム) を使ってレポートを提出してください。カスタムのライセンス契約をEpic と交わしている場合は、UDN にバグレポートを書いてください。レポートを書く場合は以下の手順に従ってください。

  • 簡明かつ詳細なタイトルを付けてください。例:「ブループリント変数の編集時に OSX 10.11 上でクラッシュが発生」
  • ログファイルやスクリーンショット、動画、アセットなどの重要な添付ファイルをアップロードしてください。
  • 電子メールのアドレスを記入してください。Epic のスタッフが質問をする時に使用させていただきます。

 

レポートの後で

  • Epic のサポート スタッフができるだけ早く提出されたレポートを調査しますので、しばらくお待ちになってください。
  • お送りいただいたレポートについて何ら応答がない場合もありますが、電子メールの着信にご注意ください。情報をさらに必要としてEpic のスタッフが連絡を取らせていただく場合があります。
  • レポートされた問題を再現できた場合、Epic は内部システムでバグレポートを作成します。 Unreal Engine Issues というサイトでその問題のステータスを調べることができます。

 

確認されたバグの修正までに要する時間は、その重大性、および、影響を受けるユーザーの数、エンジン開発に関する Epic の現在の優先度を鑑みて決定されます。