Design and 3D Model courtesy of Zaha Hadid Architects

Zaha Hadid Architects がスタジアムのリアルタイムのデザインを活かしてファンの期待に応える

2022年8月11日
スポーツのファンにとって、スタジアムは神聖な場所です。そこでは同好の士が集い、応援したり、おしゃべりしたり、6 万人がひとつの集団として観戦するなかで激しい感情を共有し夢中になったりしています。

ご想像のとおり、そういった感情は偶然に生じているものではなく、スタジアムの設計によって引き出されています。また、さまざまな選択を通じて、その場を訪れる人にとって試合の体験やさまざまなやり取りが行われる点が印象深いものになるよう工夫がなされています。スタジアムは、外観はもちろん座席から見た景色まで、すべてが考え抜かれたうえで作られています。非常に複雑なプロジェクトであるため、あらゆる点に考慮が必要となるのです。

最近、Zaha Hadid Architects は、使い慣れたお気に入りのツールである Unreal Engine を活用してスタジアム設計の複雑さに対処し、近く完成予定の Xi’an International Football Center (XIFC) の設計とビジュアライゼーションを行いました。この競技場は、アジア最大のサッカー大会 AFC アジア カップの会場として 2023 年にお披露目される予定です。
 

The B1M が報じているとおり、この大規模商業用不動産 (CRE) 施設は、多くのスタジアムとは異なります。伝統的な中国建築と未来的なパラメトリック デザインを融合させ、目を引くというだけでなく宇宙時代を思わせるデザインになっています。また、ファンを中心に据え、用途をスポーツに限らない多目的施設を作成するという大規模な戦略の一環でもあります。1 つの巨大イベントが終了したらそのまま忘れ去られるというものではありません。
XIFC は中国西部の地域、具体的には西咸新区の次世代公共インフラの構築にも大きく貢献しています。この地域には 5 つの新しい都市があり、革新的な都市開発のモデルとなる予定です。大きな目標には優れた計画が必要です。長期的な活用を見越した設計にする必要があります。ファンに楽しみを与えることによってこそ、人々をその場に再び呼び寄せることができ、また、まだスタジアムに訪れていない人たちにスポーツとエンターテインメントの新しい中心地に来るよう呼びかけることもできます。

Unreal Engine などのデジタル ツールを使い、Zaha Hadid Architects はスタジアムの超現実的なリアルタイム モデルを作成することができました。これによって、デザインのあらゆる部分について、どう機能するか関係者が直ちに確認できるようになりました。意図的に視界が限定される静的なレンダリングやアニメーションとは異なり、リアルタイムのビジュアライゼーションではあらゆる角度、視点から見ることができます。6 万の座席すべてが良いものになるファンにとってのエクスペリエンスを作ろうとするなら、これは特に便利です。
Design and 3D Model courtesy of Zaha Hadid Architects
そのために、Zaha Hadid Architects のチームはUnreal Engine で視線の分析を行いました。フル 3D モデルへのリアルタイム アクセスを利用することで、スタジアムの全座席を対象にピッチのアスペクト比を容易に計算でき、建設前に設計上の選択を検証しました。
Design and 3D Model courtesy of Zaha Hadid Architects
天候についても懸念されていました。西安の夏は暑いので、ファンが涼しい環境にいられるようにする必要がありました。その要求は、建物を北風から守るように設計されたスタジアムの正面の曲線に反映されています。屋根の設計は熱への対策が考慮されたものになっています。屋根はケーブルネット構造になっており、そこに載せられた半透明の膜が座席のエリアの上に伸びています。また、透明な張り出し部分によって、イベントを美しく見せるための自然光は取り入れつつ、ファンが雨や直射日光に晒されないようにしています。
Design and 3D Model courtesy of Zaha Hadid Architects
こうした点についても、それぞれの要素を Unreal Engine で視覚化しました。その結果、設計が適切なものであるか関係者が確認できるようにするとともに、この規模のプロジェクトに必要なディテールすべてを含めることができました。

建設が始まって数か月が経ち、このプロジェクトは中国のスポーツ界にとっての誇りの 1 つとなりつつあります。Zaha Hadid Architects にとっては近年で 5 つ目のスタジアムです。このスタジアムでワールド カップの試合が開催されることになるかどうかは誰にもわかりませんが、ファンがその熱意に見合ったホームを手に入れようとしていることは確かです。今後にも期待が高まります。
Design and 3D Model courtesy of Zaha Hadid Architects

    今すぐ Unreal Engine を入手しましょう。

    世界で最もオープンで高度な制作ツールを手に入れましょう。
    Unreal Engine は、すべての機能がすぐに使える状態で、すべてのソース コードにアクセスできます。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント
    1月17日

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース
    2月16日

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース
    2月6日

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!