Image courtesy of André Doumenc

MeshroomVR を使用したバーチャル リアリティでのプロダクト デザインの検証

2020年8月21日
リアルタイム技術は、建築から自動車に至るまで、業界を超えてデザイン レビューにますます活用されています。しかし、なぜそれだけで終わらせる必要があるのでしょうか?リアルタイム ツールがもたらすインタラクティブ性、即時性、コラボレーションは、あらゆる製品の設計検証に利用できます。

これが、 Meshroom3Dが開発したソフトウェアの背景にある考え方です。Unreal Engine をベースに開発された MeshroomVR では、プロダクト デザイナーが 3D シーンに飛び込んでマテリアルや環境を編集し、3Dモデルの比率を検証することができます。そして、そのすべてをバーチャル リアリティ環境で行うことができます。エレキギターのモデルでも、バイクのヘルメットでも、ヘリコプターでも、どんなものでもこのツールに持ち込んでデザイン レビューを行うことができます。
 

MeshroomVR は、3D データがあらゆる業界でますます重要な役割を果たしているという認識から生まれました。多くのレンダリングソリューションが 3D コンテンツ制作に精通した人向けに提供されている中、Meshroom3Dは、3D の専門家ではない人にも簡単なツールを提供したいと考えていました。「これにより、プロジェクト管理、人間工学、マーケティング、営業などの関係者がプロジェクトの初期段階でやりとりすることができ、コンセプト上の大きな間違いを回避することで時間と費用を節約できます」と、同社のCEO兼共同設立者である André Doumenc 氏は述べています。

VRでプロトタイピングのミスを減らす

Doumenc 氏は新製品の開発に伴う痛みを理解しています。彼は10年間プロダクト デザイナーとして働いていましたが、その間、市場に出回っているほとんどすべてのCADやレンダリングツールを試しました。

プロダクト デザインがどのように機能するべきかという Doumenc 氏の概念は、2016年に覆されました。「私は初めて VR ヘッドセットを使用したのですが、3Dモデルを1対1のスケールで見ることでミスを回避することができるというメリットに目を開かされました」と彼は述べています。

当時、VRビューイング システムは複雑で、価格は高額でした。Doumenc 氏はいくつかの調査を行った結果、Unreal Engine に飛び込み、自分でファイルをインポートするのことが最善の方法であることを発見しました。「このようにして MeshroomVR が開発されたのです」と Doumenc 氏は説明します。
このソフトウェア開発会社は、VR ベースのソリューションに加えて、デスクトップ上でデザインをレビューするツールである Meshroom Studio を提供しています。ユーザーは 3D ファイルをインポートし、リアルなマテリアルや環境をドラッグ&ドロップして、モニター上でリアルタイムにプロジェクトを確認することができます。また、数秒でビデオを撮影し、チーム内でプロジェクトを共有することもできます。

2つのツール間の標準的なワークフローは、Meshroom Studio を使ってモデルの準備やデザイン レビューを行い、さまざまなデザイン、カラー、トリムの選択を示した後、VRに切り替えて人間工学、形状、比率を確認するというものです。VRで1対1のスケールでモデルを見て回ることができるので、プロダクト デザインのプロトタイピング段階で起こりうる概念的なミスを大幅に減らすことができます。
Image courtesy of André Doumenc

リアルタイム レイトレーシングで臨場感を高める

Meshroomのソフトウェアの背後にある精神は、技術者であるかどうかにかかわらず、社内の誰でもデザイン レビューにアクセスできるようにすることです。技術者以外の人にも利用してもらうためには、リアリズムが鍵となります。Doumenc 氏は次のように話しています。「3D の専門家でない人ほど、リアルなシーンを見ないとビジュアライゼーションを安心して行うことができません。」

そのため、同社ではツールを Unreal Engine を使用して構築することにしました。「これは、市場で最もリアルなリアルタイム レンダリング エンジンです 」Doumenc 氏は述べています。
 
Image courtesy of André Doumenc
最高レベルのリアリズムを実現するために、同社ではビジュアライゼーションに を活用しています。光の物理的な動作を模倣することで、リアルタイム レイトレーシングは、従来のラスタライズ手法よりもはるかにリアルな結果をもたらします。「私たちのソフトウェアの品質は、Unreal Engine のレイトレーシングのパフォーマンスに左右されます」と Doumenc 氏は説明しています。

Meshroom3D には Meshroom Studio のパイプラインにアニメーションツールを導入するという大きな計画があり、Unreal Engine のパイクライン開発についても意欲的です。

    "Unreal Engine で何を開発しますか?

    世界で最もオープンで先進的な制作ツールを手に入れてください。
    Unreal Engine は、あらゆる機能が含まれ、ソースコードへの完全なアクセスが可能なため、満載の機能がすぐに使える状態で入手できます。
    ニュース
    8月19日

    Unreal Engine 4.27 がリリースされました!

    すべての業界のクリエイターにとってうれしい新機能があります。インカメラ VFX の様々な効率性、品質、使いやすさを向上する改善、美麗な最終画像を生成するパス トレーシング、同梱されるようになった Oodle と Bink、実制作で使用可能な状態になった Pixel Streaming なども含まれています。
    ニュース

    Unreal Engine 4.27 がリリースされました!

    すべての業界のクリエイターにとってうれしい新機能があります。インカメラ VFX の様々な効率性、品質、使いやすさを向上する改善、美麗な最終画像を生成するパス トレーシング、同梱されるようになった Oodle と Bink、実制作で使用可能な状態になった Pixel Streaming なども含まれています。
    ニュース
    8月3日

    今回のテーマは「みち」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第16回UE4ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第16回UE4ぷちコン”を開催、テーマを「みち」と発表いたしました。2021年8月5日(木)~2021年9月12日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、初のサイドイベント” UE4ぷちスタ☆~1週間でエンドレスランナーをつくろう~”をオンラインにて開催いたします。
    ニュース

    今回のテーマは「みち」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第16回UE4ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第16回UE4ぷちコン”を開催、テーマを「みち」と発表いたしました。2021年8月5日(木)~2021年9月12日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、初のサイドイベント” UE4ぷちスタ☆~1週間でエンドレスランナーをつくろう~”をオンラインにて開催いたします。
    イベント
    7月1日

    CEDEC 2021 の Unreal Engine に関するセッションをピックアップ!

    2021年8月24日(火) - 26日(木)にオンライン開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2021」にて行われます。本記事ではCEDEC 2021にて行われる Unreal Engine に関するセッションをピックアップしてご紹介!
    イベント

    CEDEC 2021 の Unreal Engine に関するセッションをピックアップ!

    2021年8月24日(火) - 26日(木)にオンライン開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2021」にて行われます。本記事ではCEDEC 2021にて行われる Unreal Engine に関するセッションをピックアップしてご紹介!