July 13, 2018

The Mill と Monster.com が生み出したモンスターをアンリアル エンジンが操る

作成 Ken Pimentel

求人サイト Monster.com は、新しいスポット CM の制作を The Mill に依頼しました。The Mill は、VFX とクリエイティブな作品を手がける国際的なスタジオであり、数多くの CM で高い評価を受けてきました。CM では、紫色の毛皮で覆われた巨大なモンスターが、不満を抱いている従業員を救い出し、新しい職場までキングコングのように運びます。「Opportunity Roars」と名付けられたこの 1 分 30 秒の CM は、その視覚効果が高く評価され、カンヌライオンズなど数々の賞を獲得しました。
賞を獲得した Monster.com の CM「Opportunity Roars」
しかし、The Mill にはその余韻に浸っている余裕はありませんでした。この CM が成功したあと、Monster.com から、同じ紫色のモンスターが登場する 15 秒のアニメーション スポットを追加で 30 本ほど依頼されました。

この依頼には 1 つ問題があって、制作期間が 3 週間しかありませんでした。

The Mill はそれまで、伝統的な方法で独創的な CM を制作してきましたが、このような短期間で制作を行うには、ワークフローを変える必要がありました。The Mill のエマージング テクノロジー担当グループ ディレクター、Boo Wong 氏は次のように述べています。「従来のやり方では絶対に無理だとわかっていたので、やり方を考える必要がありました」

アニメーション制作の効率化:リアルタイムのモーション キャプチャとレンダリング

The Mill は、Leap Motion システムを使用して指の動きでモンスターをコントロールするという、巧みな解決策を考案しました。仮想的に人形を操るような方法です。モーションによってリグを駆動し、アンリアル エンジンによって紫色の毛皮などすべてを含むモンスターの最終的なアニメーション出力を、リアルタイムで生成します。

Body-img3.jpg
Leap Motion システムを使用してリグを操作
The Mill のクリエイティブ ディレクター、Jeffrey Dates 氏は次のように述べています。「仕組みを Monster.com の人たちに見てもらったところ、その機能にとても驚いていました」

チームは短時間でシステムを構築し、代理店とクライアントを集めて、キャラクターの操作とレコーディングをその場で行いました。Dates 氏は次のように述べています。「アニメーションについてリアルタイムで意見を聞き、意見をもらったらすぐに調整し、次のテイクに反映できました」

Body-img2.jpg
指のモーションとアンリアル エンジンによるライブ パフォーマンス
出力については、The Mill は、アンリアル エンジンでリアルタイムのポスト エフェクトを設定しました。これには、ショットを仕上げるために通常行う処理がすべて含まれていました。その結果、リアルタイムでレコーディングしたアニメーションにそれ以上処理を加えることなく、そのまま使用できました。「アニメーションのパイプラインがわずか数分で完了していました」と Dates 氏は述べています。

The Mill のリアルタイム スーパーバイザー、Joji Tsuruga 氏は、次のように述べています。「クライアントは、何時間もかけたような質の高い作品、ほぼ最終版と言っていいものを持ち帰ることができました」モンスターのアニメーションは、「Touchdown Dance」や「Meet Your Purple Fuzzy Career Coach」などのソーシャル メディア用のビデオで使われ、Monster.com の Facebook ページに掲載されました。

このプロセスにより、これまでになかったようなキャラクター アニメーションの出力が可能になりました。Wong 氏は次のように述べています。「アニメーションの世界で、複数のテイクを行うというのは聞いたことがありません。編集者が複数の選択肢を持ち帰ることができるというのは画期的でした」

リアルタイム レンダリングで未来を切り拓く

Monster.com のプロジェクトの成功を受けて、The Mill は、リアルタイム アニメーションを重要な新しいパラダイムと位置付けるようになりました。Wong 氏は次のように述べています。「制作のワークフローにゲーム エンジンを取り入れることは、今日のストーリーテリングには不可欠です」

Body-img1.jpg
アンリアル エンジンを使ってリアルタイムに生成したモンスターのさまざまな動きの一部
The Mill は、アンリアル エンジンでリアルタイム レンダリングを行うと制作期間を短縮できるという現実的な側面も評価しています。Dates 氏は次のように述べています。「ソーシャル メディア向けに費用対効果の高い方法で大量のアニメーションを作るにはどうすればいいかという疑問への答えが、このプロジェクトからわかります。レンダリングするのでもなく、レンダリングされるのを見ているのでもありません。

実験をしているような感覚です。短時間で、楽しく取り組むことができます」

魅力的なアニメーションを作るには

リアルタイム レンダリングをご自身のプロジェクトに取り入れてみませんか。Unreal Studio のベータ版に参加して、制作を開始してください。