Image courtesy of SkyReal

SkyReal と Safran が Unreal Engine で次世代のコラボレーション制作環境を構築

2022年11月21日
エンジニアリング企業は、世界中で利用できるイマーシブで効果的なトレーニングを必要としています。このニーズに応えるために、パリに拠点を置くソリューション プロバイダー SkyReal は、Unreal Engine を利用して、航空機の機械のエンジニアリングと整備についての VR ベースのトレーニングとデザインのツールを開発し、世界中で販売しています。

国際的なハイテク エンジニアリング グループ Safran は SkyReal のテクノロジーの大手顧客の 1 つです。巨大な企業である Safran では、航空宇宙推進と航空宇宙装置の分野で世界中に約 80,000 人の従業員がいます。

仮想的な世界でイテレーションを重ねることができるイマーシブなトレーニング エクスペリエンスを開発することで、SkyReal は従業員のトレーニングを高速化し、顧客のコスト削減を可能にしています。

SkyReal の CEO 兼創業者、Hugo Falgarone 氏は、「オペレーターが航空機のエンジンの製作、組み立て、整備の方法を学習するためのトレーニングには非常にコストがかかります」と述べています。

Falgarone 氏によると、数年前までは、Safran のような企業は、機械と整備のチームがトレーニングを行えるようにするために、生産ラインからエンジンを持ってくるか、専用の「トレーニング用エンジン」を開発していました。トレーニングの受講者は、エンジンを操作し、分解して、再度組み立てることができる必要があったためです。
「世界中のさまざまな企業や航空会社、そして技術的な問題に対応する整備の責任者にこのようなトレーニングを届けるのは、とても難しいことです」と Falgarone 氏は述べています。

SkyReal はイノベーションによってこの課題への答えをもたらしました。

VR ヘッドセットと Unreal Engine を使い、SkyReal は航空機の複雑な装置やシステムについてのイマーシブなトレーニング ソリューションを開発しています。このソリューションは、個人で利用できるだけでなく、複数人で協力して利用することもできます。
Image courtesy of SkyReal
Falgarone 氏は次のように述べています。「このソリューションは学習の面で非常に効果的であることがわかっています。VR を使うと、受講者はリアルなアセットを使って学ぶことができ、感情的なつながりが生じ、何度も繰り返すことができるからです。まさに経験を通じて学ぶことができます」

トレーニングを Unreal Engine で開発する大きな要因の 1 つは、Unreal Engine が持つスケール アップの能力です。

Safran のような顧客は、多様な題材についてのトレーニング コンテンツを世界中に届ける必要があります。たとえば Safran の場合では、27 か国の 274 の拠点に 78,000 人以上の従業員がいます。

「大量のトレーニング コンテンツを効率的に制作するには、外部のスタジオや企業に時間と費用をかけて依頼し、1 つずつ作成するしかありませんでした。コンテンツを内部で効率的に作成するための解決策を見つける必要がありました」と Falgarone 氏は述べています。

そのために SkyReal は自動化されたパイプラインを作成しました。このパイプラインでは、エンジニアリングの複雑な構造やその他の顧客データの 3D モデルをアセットに変換し、複数のトレーニング セッションで使用できるテンプレートを作成します。

トゥールーズにある Safran Engineering Services の拠点でイノベーション マネージャーを務める Gérard Coumes 氏は、次のように述べています。「SkyReal と協力して作成しているイマーシブなトレーニング コースでは、Safran の機器の既存の 3D デザイン データを使用しています。追加のモデリングは必要ありません。また、ネイティブなモデルをツールに組み込んであるため、トレーニング プロジェクトを体系化して簡単に編集できます。コンピューターによる開発の専門知識は必要ありません」
Image courtesy of SkyReal
ほかにも、シンプルな課題や複雑な課題を解決するために整備の担当者が実行する必要がある、一連の作業手順のカタログを作成しました。

このプロセスにより、SkyReal は数週間や数か月ではなく、数時間でトレーニング コンテンツを作成しています。これまでに 200,000 を超えるイマーシブなトレーニング コンテンツを作成しました。

Falgarone 氏は、Unreal Engine プラットフォームの拡張性以外の利点として、リアルでユーザーフレンドリーなコンテンツを作成できることを挙げています。

「ユーザーの立場を意識してイマーシブなトレーニングを作成しています。デザイナーは、ユーザーが Unreal Engine のことを何も知らなくても目前のトレーニングに集中できるようにコンテンツを開発しているので、簡単な操作で学習できます」
Image courtesy of SkyReal
SkyReal が Safran やその他の顧客のために解決に取り組んでいる課題は、トレーニングだけではありません。SkyReal による別の大きなイノベーションとして、そのデザイン スイートを挙げることができます。

SkyReal Suite は、工業デザインと製造の分野で開発チームによって使われています。さまざまなチームが、それぞれのイノベーションを現実の世界で提供する前に、VR 内で正確なものを作成しています。

Falgarone 氏は次のように述べています。「Unreal Engine では、アーキテクチャが適切に設計されているため、Unreal Engine をベースとするものを開発しやすくなっています。そのためにさまざまな機能を利用できます。物理的なプロトタイプの作成は、大規模なプロジェクトでは複雑になり高額の費用がかかる場合があります。しかし、エンジニアやその他の関係者は、デザインに触れて感覚をつかみたいと考えるものです」

SkyReal Suite を使えば、エンジニアは航空宇宙分野の複雑な装置や航空機についてのデザイン、実験、テスト、コラボレーションを行うことができると Falgarone 氏は述べています。この分野ではデザインに関連する要素が 100,000 を超えることも珍しくありません。
Image courtesy of SkyReal
SkyReal では、Unreal Engine のインポート ツールを使ってシステム内でデータをアセットへと簡単に変換し、規模が大きなデザインでもシームレスなエクスペリエンスを実現しています。

エンジニアがゲーマーであるとは限りません。SkyReal Suite の大きなメリットの 1 つは、チームが簡単にクリックで操作できるプラットフォームであることです。

「エンジニアがツールのコツをつかむには、リアリズムが不可欠です。リアルであればあるほど早く受け入れられます。たとえば発射装置をデザインしているのなら、複雑な VR システムを開発したり運用したりするために時間をかけたくはないでしょう。ただデザインへの最新の変更を確認し、同僚とイテレーションを行いたいはずです」と Falgarone 氏は述べています。

LumenNanite は Unreal Engine 5 (UE5) のテクノロジーです。Lumen は動的なライティングの生成、Nanite はアセットの詳細度の自動的かつ大規模な調整を可能にします。SkyReal はこれらのテクノロジーを活用してエンジニアとデベロッパーの期待に応えるリアリズムを実現していると Falgarone 氏は述べています。

SkyReal Suite は 3 つのモジュールで構成されます。1 つ目で CAD データの準備とインポートを行い、2 つ目でデータをユーザーが探索できる「部屋」に格納し、3 つ目で VR のインターフェイスと環境を提供します。そのシステムでは実寸のモデルを提供します。

重要な機能として、仮想環境でデザインに加えた変更を CAD ソフトウェアに自動的に反映できます。エクスポートとインポートのサイクルを手作業で繰り返す必要はありません。

データ管理や VR の開発について誰かにトレーニングを行う必要なく、ユーザーが自律的に作業できるソフトウェア スイートを目指しています。

「SkyReal ではコラボレーションがとても重要です。Unreal のレプリケーション グラフなどの機能がコラボレーションのために役立っています」と Falgarone 氏は述べています。

レプリケーション グラフを利用すると、複数のチーム メンバーが同時にデザインに変更を加え、それを視覚化できます。このコラボレーション機能により、デザイナーと関係者の間でのイテレーションの回数を減らすことができます。SkyReal ではデザインのサイクル タイムを最大で 30% 短縮できています。また、SkyReal Suite で作成したデザインのアセットは広告やマーケティングにも使うことができるので、バックエンドのコストの削減にもつながります。

SkyReal のトレーニングとデザインのサービスは、さまざまな業界で広く使われています。SkyReal がもたらすデザインの機能、コスト削減、効率性は、航空宇宙、航空機製造、造船、オフショア エネルギーなどの業界の顧客を支援しています。Unreal Engine のシミュレーション機能の発展を受けて、SkyReal は今後も Unreal Engine のプラットフォームを利用して顧客のためにイノベーションを拡大していく意向です。

「次世代のソリューションを作成するには創意工夫が必要です。Unreal Engine はそのために必要なものを与えてくれます」と Falgarone 氏は述べています。

    話しましょう!

    シミュレーションのために Unreal Engine のポテンシャルを引き出す方法に興味をお持ちでしたら、ぜひお問い合わせください。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント
    1月17日

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース
    2月16日

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース
    2月6日

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!