VR を使ったリアルタイム コラボレーションがデザインに大変革をもたらす
May 15, 2018

VR を使ったリアルタイム コラボレーションがデザインに大変革をもたらす

作成 Sebastien Miglio

エンジニア、デザイナー、クライアント間のコラボレーションはプロダクト デザインにおいて大きな部分を占めます。作業する人々が数十キロ、場合によっては大陸を隔てて離れている場合、企業はファイル共有とビデオ会議を利用してリモートでコラボレーションしています。こうしたツールは便利ですが、実際に会って作業することの代わりにはなりません。 

ここで紹介する 2 社は、リモート コラボレーションをさらに一歩進めて、全員が実際に集まって作業した場合にのみ実現するようなものを作り出しました。VR ヘッドセットとリアルタイム レンダリングを組み合わせることで未来が現実のものになりました。離れた場所にいるエンジニアとデザイナーがリアルタイムで同じ仮想環境で作業するのです。

Holodeck (ホロデッキ) がバーチャル コラボレーションを現実のものに

NVIDIA Holodeck のプレビューを見て、 SF映画のトレーラーだとお感じになったかもしれませんね。この Holodeck はフォトリアルなコラボレーティブ VR 環境で、視覚、音、触覚を通じて現実世界に存在しているかのような感覚を生み出します。
 
NVIDIA Holodeck のデモ動画

Holodeck はリアルタイム レンダリングのためにアンリアル エンジンの拡張版に基づき構築されており、VR 用の一連の NVIDIA ツールが用意されています。クリエイターはフォトリアルなテクスチャのフル解像度モデルを Holodeck 環境にインポートして、VR を使って同僚と協力して作業したり、リアルタイムで変更を提案したりすることができます。

blog-body-img1.jpg
VR ゴーグルを通して見た BMW のデザイン体験

BMW と自動車デザインの未来を切り開く

BMW は、多くの場合においてデザイン プロセスのイノベーションの最前線に立っていました。最近、 BMW は複合現実システム を車両開発パイプラインに導入し、デザイナーとエンジニアとの間のコラボレーションを行いやすくしました。

blog-body-img2.jpg
AR のオーバーレイを適用した BMW のプロトタイプ車両 

このシステムには、実際の内装上に最新デザインのオーバーレイを表示する VR ヘッドセットがあります。リアルタイムでアップデートされ、レンダリングされるフォトリアルな 360 度の都市の環境を通して仮想運転をすることができます。 

このシステムを使うとエンジニアやデザイナーは、車両が作られる前にドライバーがどんな体験をするかの全体像を把握することができます。例えば、特定の制御が使いづらくないか、様々な視野角やシートの位置から見えづらくないかがわかります。

システムのフォトリアルなグラフィックスはアンリアル エンジンによって計算されます。表示速度は、90 fps で素晴らしいユーザー体験を実現します。

アンリアル エンジンがコラボレーションの革新をサポート

NVIDIA と BMW に対して、アンリアル エンジンは VR ベースのコラボレーションを可能にするリアルタイムのフォトリアル レンダリングを実現しています。こうした革新的企業が VR とリアルタイム レンダリングの限界を押し上げる進化を活用して次にどのようなものを作るかを楽しみにしています。

こうしたさらなる大胆な試みをサポートするために、アンリアル エンジンのクリエイターが、CAD データをアンリアル エンジンにインポートするためのツールセット、Unreal Studio を導入しました。Unreal Studio では、アンリアル エンジンを無制限に使用可能であり、迅速な習得を支援する幅広い学習教材があります。2018 年 11 月まで Unreal Studio のベータ版を無料でご利用いただけます。

アンリアル エンジンを実際に使用する用意はできたけれど、開始にあたって支援が必要ですか? まず無料の Unreal Studio のベータ版に登録 し、エクスポート プラグイン、学習教材などを利用しましょう!