Image courtesy of HBO & Framestore

Framestore が AR を利用してダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤のダイモンをポケットに届ける

2021年1月27日
今日の映画ファンは、自分が好きな世界にかつてないほど入り込むことができます。たとえば、VR のヘッドセットを装着するだけで、VR のジェットコースターでスーパーマンと一緒に急降下し、お気に入りのキャラクターたちと同じ世界に飛び込むことができます。

ロケーション ベース エンターテインメントではストーリーの世界に入り込むことができる一方で、コンシューマー向けハードウェアの XR プラットフォームでは、作品世界の要素を現実の側に取り込むことができます。個人用スマート デバイス上での AR コンテンツを使って、ファンと関わり、ファンを喜ばせるさまざまなチャンスが、現実のものとなっています。
 
Unreal には、すぐに使えるさまざまなツールがあり、高品質のエクスペリエンスを簡単に作成できます。ライティング、サーフェシング、アニメーションの強力なツールがあり、既存のワークフローと容易に連携させることができます。これらのツールを使うことで、アーティストは細やかな制御を行うことができ、能力を存分に発揮できます。"
- Christine Cattano, Global Head of VR & Executive Producer at Framestore
その初期の例は Snapchat で見られました。映画デッドプールの公開に合わせて、Snapchat のユーザーがフィルターをかけて主人公デッドプールに変身できるようになりました。また、20 世紀フォックスによる X-MEN: アポカリプスが公開された際には、X-MEN の有名なミュータントのなかから誰になるか選ぶことができました。XR テクノロジーが洗練されていくにつれて、洗練された AR エクスペリエンスが提供されるようになっています。

クリエイティブ スタジオ Framestore の Immersive チームは想像上の世界の境界を広げることに長けています。これまでに、ジュラシック・ワールドゲーム・オブ・スローンズガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなど、世界で広く愛されてきたフランチャイズの XR プロジェクトを手がけてきました。

ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤のシーズン 2 が先日 HBO と BBC で初公開されたことを受けて、Framestore は放送局と手を組み、新しい iOS および Apple Watch 向けアプリ、His Dark Materials: My Daemon を作成しました。

番組のファンは、それぞれの「ダイモン」とインタラクションすることができます。番組に登場するダイモンは、動物の姿をした魔法のコンパニオンであり、キャラクターの魂が反映されたものです。
 

いくつかの質問に答えると、パーソナライズされたダイモンがユーザーに割り当てられます。ユーザーは、そのときの気分について、集中している、やる気がないなどと簡単に入力することでダイモンとやり取りできます。ユーザーから入力された情報に基づいて、ダイモンは身体的あるいは精神的な健康に関するタスクをおすすめします。たとえば、散歩に行くことや、映画を観ることをすすめてきます。

健康に関するタスクをユーザーがこなしていくほどに、ダイモンは健康で幸せになっていきます。また、ユーザーは「ジャーニー」に出るよう促されます。ジャーニーでは、番組のキャラクターに関連した、健康にまつわる一連のアクティビティを実行する必要があります。このアプリにはアニメーションを通じて拡張現実が取り入れられており、ダイモンはユーザーを取り巻く世界とインタラクションします。 

AR コンテンツによるファンとのエンゲージメント

Framestore の VR グローバル責任者兼エグゼクティブ プロデューサー、Christine Cattano 氏は、Framestore のニューヨークの拠点で Immersive チームを率いています。XR のプロジェクトや経験的なプロジェクトを監督し、その作業に取り組むチームを管理しています。

Immersive チームの作業の多くは、インタラクティブでイマーシブなプラットフォームと新しいテクノロジーを活用し、オーディエンスと関わる新しい方法をクライアントに提供することに関連しています。過去 10 年間では、Unreal Engine などのゲーム エンジンがそういった取り組みの中心になっていました。Framestore は、TV や映画の画面で作り出された象徴的なイメージを新しいメディアに取り込み、ネイティブに動作させ、リアルタイムで反応させようとしています。
Cattano 氏が XR 分野でこれまで手がけてきた仕事の大部分は、ファンがよく知り、愛している作品世界や IP への新しい入り口をファンに提供することが目標となっていました。「2013 年に開発したゲーム・オブ・スローンズの最初の VR プロジェクトでは、北にある高さ 700 フィート (210 メートル以上) の氷の壁の上へとファンを導きました。私自身この番組の大ファンです。説得力があり、願いを叶えるものになったと思います」と Cattano 氏は述べています。

映画スタジオはこの種の XR コンテンツを望んでいます。これは、オーディエンスがコンテンツにより高いレベルのエンゲージメントと没入感を求めるようなったことと関係しています。参加型の「エクスペリエンス」を求めることがトレンドになっています。

イマーシブなハードウェアが市場に出回り、高度なものとなってきたことで、こうしたエクスペリエンスに対する需要が促進されています。その結果、IP ホルダーは、オーディエンスの日常生活の多くの側面で、オーディエンスと深く継続的にエンゲージメントできるようになっています。「My Daemon の場合、継続的なエンゲージメントを目標としてコンパニオンであるダイモンの作成に着手し、一日を通じてユーザーのアクティビティについてやり取りできるようにしました」と Cattano 氏は述べています。
本文 ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 1本文 ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 2
「番組内のキャラクターは、コンパニオンであるダイモンといつも一緒にいます。この世界で人々がいつも一緒にいるものといえば、スマートフォンです。その両者、つまり、ダイモン、スマートフォン、AR、健康の組み合わせは、この IP にぴったりでした」

リアルなヘアとファーの実現 

Immersive チームは、プリプロダクションから最終的な製品まで、アセットに関する作業に Unreal Engine を使用しました。「実際の番組で使われた多数のアセットを出発点としました。Unreal のツールはアーティストにとって使いやすく、リギングとアニメーション両方の制限、対象プラットフォームのアセット面、対象とするモバイルデバイスの範囲について理解するうえで役立ちました」と Cattano 氏は述べています。「アセットについての作業を繰り返し、品質を犠牲にすることなくすべてがスムーズに実行されるようにすることができました。また、アニメーションとライティング両方のためにシーケンサーを利用して CG 環境をまねて、ルックデベロップメントの作業を実行してレンダリングしました」

アプリを設計する際、Immersive チームは、最も重要で、ファンの間で最も話題になる特徴は、AR のダイモンとなるさまざまな動物のキャラクターだと考えました。「アプリでは動物のキャラクターたちがスターです。Unreal Engine を使えば、最も忠実度の高いビジュアルを得られることはわかっていました。毛皮のある動物が複数いて、動物の種類ごとに複数のバリエーションがあることはわかっていたので、ファーをサポートする Unreal Engine を使うことは簡単に決まりました」
本文 ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 3本文 ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 4
Unreal Engine のストランド ベースのヘアとファーのシステムは、2019 年に初公開されて以来、大きく進歩しています。最近公開された Weta Digital による短編映像は、その進歩を証明しています。

VFX に関する伝統を持つ企業であり、作品における VFX で英国アカデミー賞 (BAFTA) を受賞したこともある Framestore の Immersive チームは、品質の目標を常に高く設定しています。アーティストにとっては、あらゆるプラットフォームで画像を作成するための強力なツールを利用できることが重要です。「Unreal には、すぐに使えるさまざまなツールがあり、高品質のエクスペリエンスを簡単に作成できます。ライティング、サーフェシング、アニメーションの強力なツールがあり、既存のワークフローと容易に連携させることができます。これらのツールを使うことで、アーティストは細やかな制御を行うことができ、能力を存分に発揮できます」と Cattano 氏は述べています。

将来の映画 IP のための XR エクスペリエンス

将来に向けては、作品世界を強化するさまざまな種類の XR エクスペリエンスが登場すると Cattano 氏は予測しています。「どこから始めるべきでしょうか。パンデミック以前は、テーマパーク業界で大型 IP に関して大幅な成長が見られていました。特に、最先端のテクノロジーを使ってイマーシブなエクスペリエンスを提供するものが増加していました」

「ディスプレイやセンサーなど、進化したハードウェアと、高度な AI を利用して、忠実度が向上しているリアルタイム グラフィックスと組み合わせることで、テーマ型エンターテインメントでオーディエンスに提供されるエクスペリエンスは、よりイマーシブで参加している感覚を得られるものになるでしょう。テーマ型エンターテインメントは、テーマパークだけでなく、ほかの場所へと積極的に拡大しています。パンデミック後にはそういった場所で活気が戻ることを期待していますし、そのころには先ほど挙げた分野がもっと成熟しているでしょう」

同時に、コンシューマー向けハードウェアの堅牢性とアクセシビリティは向上しています。2020 年の一連のできごとを経て、人々は自宅にいながら「エクスペリエンス」を補強するためにさまざまなテクノロジーを試しています。Cattano 氏は次のように述べています。「家庭で提供されるエクスペリエンスが高度で便利なものになり、その影響からロケーション ベース エンターテインメントの企業が最先端のエクスペリエンスを提供することを強いられるという関係が常に存在します」
本文 ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 7本文 ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 8
キャリアのなかで多くの時間をかけて著名な IP の複数メディアにわたるキャンペーンに取り組んできた Cattano 氏は、オーディエンスに最も受け入れられるだけではなく、IP を補完することにもなるプラットフォームとテクノロジーを選択することが重要だと理解しています。「これからの 10 年で XR テクノロジーが発展し、毎日使うデバイスの主要な一部となることを期待しています。現状では、この種のコンテンツは補助的なもの、つまりコンテンツの主要な消費形態である映画や TV の代わりに提供されるものですが、将来的には、補完的なもの、つまり大きな全体像の一部として共にストーリーを伝えるものになって欲しいと思っています」 

    Unreal Engine を今すぐ入手しましょう!

    世界で最もオープンで高度な制作プラットフォームを入手しましょう
    Unreal Engine はそのままでフル機能と完全なソースコードアクセスを提供し制作準備ができています。
    ニュース
    8月19日

    Unreal Engine 4.27 がリリースされました!

    すべての業界のクリエイターにとってうれしい新機能があります。インカメラ VFX の様々な効率性、品質、使いやすさを向上する改善、美麗な最終画像を生成するパス トレーシング、同梱されるようになった Oodle と Bink、実制作で使用可能な状態になった Pixel Streaming なども含まれています。
    ニュース

    Unreal Engine 4.27 がリリースされました!

    すべての業界のクリエイターにとってうれしい新機能があります。インカメラ VFX の様々な効率性、品質、使いやすさを向上する改善、美麗な最終画像を生成するパス トレーシング、同梱されるようになった Oodle と Bink、実制作で使用可能な状態になった Pixel Streaming なども含まれています。
    ニュース
    8月3日

    今回のテーマは「みち」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第16回UE4ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第16回UE4ぷちコン”を開催、テーマを「みち」と発表いたしました。2021年8月5日(木)~2021年9月12日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、初のサイドイベント” UE4ぷちスタ☆~1週間でエンドレスランナーをつくろう~”をオンラインにて開催いたします。
    ニュース

    今回のテーマは「みち」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第16回UE4ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第16回UE4ぷちコン”を開催、テーマを「みち」と発表いたしました。2021年8月5日(木)~2021年9月12日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、初のサイドイベント” UE4ぷちスタ☆~1週間でエンドレスランナーをつくろう~”をオンラインにて開催いたします。
    イベント
    7月1日

    CEDEC 2021 の Unreal Engine に関するセッションをピックアップ!

    2021年8月24日(火) - 26日(木)にオンライン開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2021」にて行われます。本記事ではCEDEC 2021にて行われる Unreal Engine に関するセッションをピックアップしてご紹介!
    イベント

    CEDEC 2021 の Unreal Engine に関するセッションをピックアップ!

    2021年8月24日(火) - 26日(木)にオンライン開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2021」にて行われます。本記事ではCEDEC 2021にて行われる Unreal Engine に関するセッションをピックアップしてご紹介!