Image courtesy of forma6

建築ビジュアライゼーション スペシャリストの forma6 は Twinmotion でいつでもどこでもプレゼンテーションが可能に

2021年9月9日
建築家、都市計画者、地理学者、造園家で構成される forma6 は、建築パイプラインの様々な段階で様々なソフトウエアを使用しています。

クライアントにアイデアを伝える際には、既存のデザインツールと連携し、オリジナルのモデルからできるだけ多くのデータを保持しながら、それを魅力的な方法で見せることができるソリューションが必要になります。また、非常にタイトなスケジュールでの納品が求められることも多くあります。

そこで、Twinmotionの出番です。 「驚異的な速さでビデオを生成することができます」と、forma6 のシニア 建築ビジュアライゼーション アーティストの Pierre-André Biron 氏は述べています。「以前は”従来型”のレンダリングエンジンで画像ごとにレンダリングをしていたのですが、レンダーファームがないとフルHDで3分程度のビデオを生成するのに数週間かかっていました。 しかし現在ではTwinmotion を使うことにより、1台のマシンで3分の4Kビデオを生成するのに必要な時間はたった30分です!」
Image courtesy of forma6

Archicad から Twinmotion のワークフロー 

Pierre-André 氏は forma6 ですべての画像、3Dアニメーション、バーチャル ウォークスルーの作成を担当しています。これまでの10年間、同社の建築家たちはArchicad と BIMcloud を使用して、すべてのプロジェクトをコラボレーションモードで設計してきました。

このように組織化することで、レベル 1 および レベル 2 の BIM 標準に合わせてプロジェクトを開発し、各段階で建築的かつ技術的プロジェクトと整合性のある3Dモデルを構築することが可能になります。モデルが完成したら、forma6 はそれを Twinmotion にエクスポートします。「空間のデザインをより良く伝えるために、Twinmotion に切り替えることはとても簡単です」と、Pierre-André 氏は述べています。

「マテリアル、ライト、影、雰囲気などの設定が簡素化されているため、建築家はこのツールを簡単に使うことができます。さらに詳しく説明すると、まず 3ds Max に建築モデルを転送してジオメトリを改良し、.udatasmith または FBX にエクスポートしてから Twinmotion にインポートします」
Image courtesy of forma6
Datasmith エクスポート接続を使用して 3ds Max から Twinmotion にファイルをインポートすることで、forma6 は、特に 3ds Maxで設定された V-Ray マテリアルについて、可能な限り多くのデータを取得することができます。

標準的なマテリアルではなく V-Ray マテリアルを含む 3ds Max のシーンを FBX 形式でエクスポートした場合、テクスチャファイルはマテリアルにリンクされず、シーンを Twinmotion にインポートすると光沢やバンプなどの V-Ray マテリアルのパラメータが失われます。「しかし、Datasmith を使用するとテクスチャファイルがリンクされ、マテリアルの一部のパラメータが維持されます」と Pierre-André氏は説明します。「3ds Maxでは V-Ray マテリアルを使用しているため、Datasmith を使えば V-Ray マテリアルを標準マテリアルに変換する必要がなくなり、時間を節約できます」

モデルが Twinmotion に取り込まれると、forma6 は VR を使うなど、クライアントにシーンを提示するための幅広いクリエイティブなオプションを得ることができます。「Twinmotion の VR 機能を使えば、クライアントにプロジェクトをインタラクティブに提示できるため、クライアントはプロジェクトに没入することができます」と Pierre-André 氏は説明します。
Image courtesy of forma6
「このようにキーボードやマウス、VRヘッドセットを使って、クライアントが自分自身を未来に投影し、シーンの中をバーチャルに移動できるようにしています。今日では、このようなサービスの依頼はますます増えています」

Pierre-André 氏によると、クライアントはいつも、建設前のプロジェクトの”中に”自分がいることに気付き、とても驚いているということです。
Image courtesy of forma6
同様に、Twinmotion Cloud の新機能は、forma6 のオフィスに来られないクライアントにプロジェクトを提示する際の煩わしさを解消します。forma6 の BIM マネージャである Alexandre Grignon氏は、「Twinmotion Cloud は、私たちのプロジェクトを提示するための必要不可欠なオプションになることは間違いありません」と述べています。

「以前は Twinmotion Presenter を使用していたのですが、これを見るためにはクライアント側で最新のグラフィックカードを搭載した強力なマシンが必要になり、6~7GB以上のファイルを送信してダウンロードしてもらわなければなりませんでした」

「Twinmotion Cloud を使えばダウンロードせずに、どのコンピューターからでもプロジェクトを見ることができます。こちらが送ったリンクに接続すれば、高性能なオンラインマシンでファイルが実行されます。必要なのは、これ以上ないほど簡単な方法でプロジェクトをバーチャルに散策することだけです」
Image courtesy of forma6

コミュニケーションを向上させるためのリアルタイムツール 

シャルトル大聖堂は、フランスを代表する教会の一つです。ユネスコの世界遺産に登録されているゴシック建築の至宝であり、ここで計画される建築設計作業は、言うまでもなく最も慎重に検討する必要があります。
Image courtesy of forma6
forma6のチームは、大聖堂の足元にある広場のプロジェクトを依頼されました。これは、歴史的に重要な都市環境を考慮すると、非常に複雑なプロジェクトでした。Twinmotionは、設計段階を通してプロジェクトを提示するための重要なツールであることを証明しました。
Image courtesy of forma6
このツールは、シャルトル市、遺産委員会、フランス建築家協会、エヴェッシェ(教区)など、プロジェクトに関わるさまざまな関係者の都市計画に関するさまざまな規制、要求、希望を満たすために必要な完全な可視性を提供するのに役立ちました。

「Twinmotionによって、プロジェクトの各段階ごと、または変更が加えられるたびに、ビデオや固定画像などを驚くほどの速さで作成することができました」と、Pierre-André 氏は述べています。「都市計画や建築の選択において、これは真の意思決定ツールでした」
Image courtesy of forma6
forma6チームは、高品質な映像を制作する能力が最重要視される別のプロジェクトにも取り組みました。それは、Lycée Saint-Philbert-de-Grandlieu 高校です。この学校は、一般的な教育施設、ワークショップ、ケータリング、学生用宿泊施設、8つのスタッフ用宿泊施設で構成されており、最終的には1,500人の生徒を受け入れる予定です。
Image courtesy of forma6
このプロジェクトに参加する企業は、開発による環境への影響を軽減するための厳しいガイドラインを順守する必要がありました。

参加企業は、自分たちのデザインプランを審査員に紹介するビデオを作成することが求められ、2021年初頭に forma6 が落札しました。このビデオでは、建物の外側とメインの屋内スペースを360°のフライスルーとウォークスルーで見ることができます。
Image courtesy of forma6
「Twinmotionは、期限が非常に短いこの種の仕事にとても効果的であることが証明されています。Twinmotion を使うことで3Dアニメーションを非常に迅速に制作し、最後の最後、ギリギリまででプロジェクトの最適化に取り組むことができます」とPierre-André氏は語ります。

Hôpital de la Cavale Blancheは、数年前から進められているプロジェクトです。このプロジェクトでは、がんセンター、外科外来、画像診断センターなどの医療施設が新たに建設されるほか、既存の建物もすべて改修され、ランドスケープ、駐車場、歩行者用通路、トラムラインなどの屋外スペースも整備されます。
Image courtesy of forma6
forma6チームは、敷地全体の再開発を目的とした都市計画と、立体駐車場の設計、建設、既存の建物のファサードの改修を目的とした建築家の概案を持っています。ここでのTwinmotionの使い方は少し異なります。

このチームは、現在敷地内に建設中の建物と、今後数年間に予定されている将来のプロジェクトの両方を取り込みやすくするための、スケーラブルなデジタルモデルの設計を依頼されていました。このプロジェクトは、2016年版のTwinmotion で始まり、2019年と2020年のバージョンでも手直しされました。また、Twinmotion 2021でも手直しが行われる予定です。

このプロジェクトのモデルはすべて3ds Maxで作成され、FBXファイルとしてTwinmotionにエクスポートされました。「Twinmotionが数百万のポリゴンを簡単に、リアルタイムで、速度を落とさずにグラフィック処理できる点が特に気に入っています」 と、Pierre-André 氏は述べています。

このデジタルモデルは、ブレスト メトロポール市の部署でも使用されており、市の3Dモデルに統合されています。

これらすべてのプロジェクトにおいて、forma6は各開発の「ストーリー」を効果的に伝えることができ、ステークホルダーに大きなアイデアを納得してもらうための旅に連れて行くことができました。さらに、Twinmotion Cloud のような機能は、必要なときにいつでもクライアントとコミュニケーションをとれる柔軟性を提供しています。

「Twinmotionを使えば、昼夜や季節を問わず、いつでもプロジェクトを見せることができます」とPierre-André氏 は語ります。「プロジェクトのあらゆる段階で使える本物のデザインツールであり、リアルタイムで実行できるため、さまざまなライティングの雰囲気の中でクライアントにプロジェクトを見せることができます」
Image courtesy of forma6

Unreal Engine への取り組み

forma6 は、Twinmotion を採用することにって建築のパイプラインが広がり、将来へ向けて新たな可能性が開けました。

「リアルタイム技術は建築プロジェクトのコミュニケーションの中核になりつつあります」と Pierre-André 氏は語ります「この技術は、特に、Datasmith から Twinmotion へのプラグインを通して、さらに社内でも発展させていく予定です。 Twinmotion プロジェクトを Unreal Engine へ取り込み継続することは、私たちのプレゼンテーションにさらなるリアリズムとインタラクティブ性を追加するための次のステップとなります」

    今すぐ Twinmotion を入手しましょう!

    Twinmotionを使えば、BIM や CAD モデルを数秒でリアルタイムの体験に変えることができます。簡単に使用できるだけでなく、これまでにないリアルタイム品質を提供し、お気に入りのCADツールとワンクリックで直接同期することができます。
    ニュース
    8月19日

    Unreal Engine 4.27 がリリースされました!

    すべての業界のクリエイターにとってうれしい新機能があります。インカメラ VFX の様々な効率性、品質、使いやすさを向上する改善、美麗な最終画像を生成するパス トレーシング、同梱されるようになった Oodle と Bink、実制作で使用可能な状態になった Pixel Streaming なども含まれています。
    ニュース

    Unreal Engine 4.27 がリリースされました!

    すべての業界のクリエイターにとってうれしい新機能があります。インカメラ VFX の様々な効率性、品質、使いやすさを向上する改善、美麗な最終画像を生成するパス トレーシング、同梱されるようになった Oodle と Bink、実制作で使用可能な状態になった Pixel Streaming なども含まれています。
    ニュース
    8月3日

    今回のテーマは「みち」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第16回UE4ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第16回UE4ぷちコン”を開催、テーマを「みち」と発表いたしました。2021年8月5日(木)~2021年9月12日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、初のサイドイベント” UE4ぷちスタ☆~1週間でエンドレスランナーをつくろう~”をオンラインにて開催いたします。
    ニュース

    今回のテーマは「みち」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第16回UE4ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第16回UE4ぷちコン”を開催、テーマを「みち」と発表いたしました。2021年8月5日(木)~2021年9月12日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、初のサイドイベント” UE4ぷちスタ☆~1週間でエンドレスランナーをつくろう~”をオンラインにて開催いたします。
    イベント
    7月1日

    CEDEC 2021 の Unreal Engine に関するセッションをピックアップ!

    2021年8月24日(火) - 26日(木)にオンライン開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2021」にて行われます。本記事ではCEDEC 2021にて行われる Unreal Engine に関するセッションをピックアップしてご紹介!
    イベント

    CEDEC 2021 の Unreal Engine に関するセッションをピックアップ!

    2021年8月24日(火) - 26日(木)にオンライン開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2021」にて行われます。本記事ではCEDEC 2021にて行われる Unreal Engine に関するセッションをピックアップしてご紹介!