Blasting Off with 'Morgan Lives in a Rocket House' in VR

続きを読む

新しい視点でつくられた海戦ゲーム Maelstrom

アーケードスタイル アクションに大規模なカスタマイズ機能とファンタジーから得たインスピレーションを融合させて、これまでの海戦バトルの概念を覆すのが狙いのゲーム『Maelstrom』を紹介します。

CCG と RTS のゲームプレイをブレンドした Golem Gates

Golem Gates は、従来の RTS ゲームプレイでは考えもしなかった独特のスタイルを採用しています。トレーディング カード ゲームの影響を受け、グリフのセット (カード一式) を組み立ててカスタマイズした戦略を戦場で生み出します。

フリー移動の協力プレイ型弾幕系 VR シューティング、Evasion

新しく発表された Evasion は、世界滅亡後のエイリアン ワールドを舞台とする弾幕系 VR シューティング ゲームです。UE4 を使ってフリー移動の協力プレイ型戦闘システムをゼロから作り始めました。

Mothergunship の制作ストーリー

Mothergunship は、激しい弾幕シューティングと従来の型にはまらない大胆な銃のカスタマイズを併せ持った迫力ある FPS です。

【情報解禁!】Unreal Engine 採用タイトル『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』の新たな情報が公開されました

PS4『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』の情報がさらに公開されました。本作は従来のシリーズとは異なる新作 3D アクションシューティングゲームで、Unreal Engine が採用されている。

ローグライクな宇宙 3D シューティング ゲーム Everspace 制作ストーリー

ナラティブとローグライク スタイルの両方を取り入れた新しいタイプの宇宙ゲームです。楽しく始めることができるけれど、そう簡単には勝たせてくれません。

TINY METAL の制作背景

Area 35 のプロデューサーである由良浩明氏にお会いして、TINY METAL についてお話を伺いました。本作は、アンリアル エンジンを採用した今秋リリースのマルチプラットフォーム対応リアルタイム ストラテジー ゲームです。

サイバーパンク アクション『RUINER』 の制作ストーリー

期待度満点のトップダウン アクション シューティング『RUINER』。 ダークなのに美しい Rengkok City はどのように誕生したのでしょうか。REIKON GAMES に語って頂きました。

アンリアル エンジンがエクサゲーミングの研究に及ぼす影響

VR の講師、デベロッパー、リサーチャーの仕事に従事する Joey Campbell 氏が身体的運動とビデオ ゲーム (エクササイズを支援するエクサゲーミング) に関する研究において、アンリアル エンジンがもたらす効果について語ります。

『HALON』 に見るアンリアルの活用例

『猿の惑星:聖戦記』では新しいプレビズの活用例を見ることができます。 そこで、本作品でプレビズ / ポストビズを担当したチームに工程の詳細についてお話を伺いました。

モンスターを見抜けるか?ホラーなのにコミカルな究極のパラノイアゲーム Unfortunate Spacemen

Sandswept Games のデベロッパー Geoff Keene 氏に開発中の Unfortunate Spacemen についてお聞きしました。判断ミスで友達を食べてしまったり、怖いのになぜか笑ってしまうこのゲームの魅力についてご一読ください。

心理的な恐怖に襲われるサイバーパンク ホラー 『>observer_』

Bloober Team の Brand Manager である Rafal Basaj 氏に、ホラーおよびサイバーパンクへのアプローチ方法、およびアンリアル エンジン 4 を使ってこれらをどのように >observer_ に適用したのかについて、お話を伺いました。

Hellblade: Senua’s Sacrifice の制作ストーリー

Ninja Theory が、待望の新作、Hellblade が目指すものと、インディー AAA について語ります。

新たな手法に挑む Seven: The Days Long Gone

The Days Long Gone で、Fool's Theory と IMGN.PRO は、従来の手法を変えることに挑みました。アイソメトリック RPG で期待されるキャラクター育成だけでなく、オープンワールドでパルクールのような自由な動きをしながら、ステルスとリアルタイム コンバットとの間で選択できるようにしました。

Downward が小規模チームに対する期待を高める

Downward は、イタリアのローマを拠点とする Caracal Games が UE4 を使って 3 名から成るチームで制作したゲームです。オープンワールド アドベンチャーと一人称視点のパルクールを合わせた斬新なゲームプレイ メカニクスを特徴とし、想像力あふれる世界を生み出しました。

UE4 を採用した次世代モバイル ストラテジー MMO、Project.EX

Playearth のプロジェクト ディレクターである Minseok Kang 氏が、世界中のプレイヤーをひとつに結びつける野心的なモバイル タイトルを制作するために Unity からアンリアル エンジンに移行した背景について語ります。