2012.3.20

Whizzle

作成 Unreal Engine

UDK を使用して Psyonix Studios がゼロから開発した初のゲーム Whizzle は、UDK のパーティクル エフェクト、物理システム、アニメーション エディタなどを活用する方法のお手本を示したような縦スクロール パズル ゲームです。なんとソース コードも公開 されているため、Whizzle がどのように開発されたかを確認することができます。

Psyonix 社内で撮影された「Developer Diary」では、開発者の具体的な話を聞くこともできます。

このゲームでは、かわいらしい水生生物 Whizzle を操作して、浮遊するアイテムやエア ポケットを集めます。クラゲの電気ショックを避けながら、小さな仲間たちをセルから救い出します。

WHizzle

Whizzle Developer Diary

ここでは、Psyonix 社が Unreal Engine 3 のツールセットと UDK を使用してゼロから開発した、初のスタンドアロン ゲーム Whizzle にまつわる話を紹介しています。

開発社:Psyonix Studios

ゲーム:Whizzle

内容:縦スクロール パズル ゲーム。かわいらしい水生生物 Whizzle を操作して水中を泳ぎながら、浮遊するアイテムやエア ポケットを集めていきます。クラゲの電気ショックを避けながら、小さな仲間たちをセルから救い出しましょう。

  • UDK に関して Developer Diary で紹介されているアドバイス
  • Kismet を使用した短時間でのプロトタイピング
  • Unreal PhAT を使用した物理処理の導入
  • Gears of War 2 の滑らかな水面処理を変更して水中のビジュアルを表現
  • AnimTree Editor を使用してアニメーションを動的にブレンド

最近の投稿

Andy Serkis 氏、アンリアルのビデオゲーム技術の進化を語る

アンリアル エンジン 4 採用の『Planet of the Apes:Last Frontier』の発売により、フォックス映画シリーズものが遂にイン...

Stonehenge VR SANDBOX でインスピレーションを形にする

VR を体験してその可能性を感じた Jessica Villarreal 氏と Christian Bretz 氏は、VoyagerVR を共同で設立...

新しい視点でつくられた海戦ゲーム Maelstrom

アーケードスタイル アクションに大規模なカスタマイズ機能とファンタジーから得たインスピレーションを融合させて、これまでの海戦バトルの概念を覆すのが狙い...