2016.9.8

ゴッドゲーム、『Will of the Gods』 の世界

作成 Jeremy Peel

Molyneux 氏の最近の動きにも関わらず、我々は決してゴッド ゲームのコンセプトをあきらめきれません。シミュレートされたワールドでパワーを発揮し、住人をはじき飛ばすのは非常に PC ゲーム的ですよね。

今でもこうしたものはうまくいくと思います。このコンセプトが複雑な AI、展性のあるトポグラフィー、クロス ワールドのインフラストラクチャという非常に大がかりな設定に結びついていない場合はどうでしょう。こうしたアイデアはひとつのゲームにはまとまりづらいものでしょう。シンプルだけど奥深い競争をするマルチプレイヤーを採用して神格化したらどうでしょう?

「14 才の弟と 『Will of the Gods』 をプレイしたとき、何も期待していませんでした」と Tzanko Kunov 氏は語ります。「たまたま友達が送ってくれたものだったのです。開始して 2 分が経つと、我々は叫び声をあげていました。とてもエキサイティングだったからです。我々は 3 回接戦になりました。自分自身驚きました。どうしてこんなにカジュアルなゲームに夢中になれるんだろう?」

現在、Kunov は 『Will of the Gods』 のマーケティングを担当しています。この作品はオランダとブルガリアから招かれた 6 名のデベロッパーが手がけたものです。彼らはアーケード ゲームのようだが、 1 対 1 の戦略ゲームを作りました。このゲームでは、各プレイヤーができるだけ多くの信者を自分の寺院に連れていくことを目指します。その一方で、別の神への信仰を誓った人々に雷を落とします。怒りの要素を加えた 『Hungry Hungry Hippos』 ゲームのようなものです。

 

このアイデアは、最近の Global Game Jam であっという間にまとまりました。チームがオランダのブレダにある大学の大きなテレビ 6 台分の部屋に閉じこもって考えたのです。48 時間というもの、画面には YouTube のクリップと大音量の音楽が流れ、3 名のプログラマー、2 名のデザイナー、1 名のアーティストがアンリアル エンジン 4 (UE4) でプロトタイプをまとめました。すでに、ブループリント を使ったことがあり、ゲームを時間内に作成可能であることがわかっていました。最高の雰囲気でした。

「バックグラウンドには非常に面白いものがたくさんありました」とデザイナーの Darko Ignjatovic は語ります。「とはいえ、我々はゲームに真剣に取り組んでいました。周囲のものからインスピレーションを得たのです。」

チームはゲームジャムのテーマ、「儀式」とブラウザ ゲーム、Agar.io からヒントを得ました。シャーレーにある細胞が小さな細胞を飲み込みことで大きくなっていくゲームです。『Will of the Gods』 のプレイヤーは村から出てさまよいながら新しい信者をまとめて、他の神の信者の小さなグループとぶつかりあうことで相手を改宗させていきます。一方、雷は大きな信者の集まりを一撃で異教徒に変えることができます。

計算は単純なものですが、細かい管理は緊張感があり、戦術は驚くほど複雑です。

「戦略を開始すると、戦闘ゲームのようでもあります」と Ignjatovic は説明します。「支配するのが大事であり、征服するには長時間を要します。デザイン上はジャンケン的な要素があり、新しいグループを作るか、グループを分けるか、タイミングが重要です。落ち着いて自分の能力を推し量らなければなりません。敵が何をするかを予測して、それに応じて行動し、一歩先んじることもできます。」

出来たばかりの 『Will of the Gods』 は、2 位になり、その後チームは Microsoft の Schiphol HQ にプレゼンのために招かれました。そこで、彼らはさらに手を加えることを考えました。

「多くのオリジナルのコンセプトが開発プロセス全体を通して維持されました」と Ignjatovic は言っています。「当初は変更を恐れていました。台無しにしたくない良いものがあったからです。そして、小さなスタジオでプレイテストに一層真剣に取り組み始めて非常に有用なフィードバックが得られました。」

それ以降、新しい AI を加えました。Molyneux スタイルのシミュレーションを追い求めるのではなく、エンターテイメント性があるマルチプレイヤー ゲームを支えるためのものです。仕上げを積み重ねて、プレイヤーが信者を分割したり、一段と効果的に敵の落雷攻撃に対処できるようにしました。ゲームの戦闘メカニクスも全面的に見直しました。特に、怒りを表現するために竜巻も実装しました。

「落雷は、チャージするとハプティック (触覚) フィードバックがあるため実際に感じることができます」と Ignjatovic は熱心に説明します。「神であるという感覚をどのように伝えているのでしょう? こうしたものは自分が大きな力を持っているように感じさせてくれますよね。」

パワーを持っていることと小さな人々を辛抱強く見守ることです。おそらく、これがゴッド ゲームの真髄です。

Steam Greenlight で『Will of the Gods』 をご覧いただけます。

編集注記: PCGamesN は、長く続いている Making It in Unreal シリーズのためにアンリアル エンジンで制作された素晴らしいゲームを選んでそのデベロッパーにインタビューしています。エピック ゲームズは編集プロセスに関与していません。

最近の投稿

Andy Serkis 氏、アンリアルのビデオゲーム技術の進化を語る

アンリアル エンジン 4 採用の『Planet of the Apes:Last Frontier』の発売により、フォックス映画シリーズものが遂にイン...

Stonehenge VR SANDBOX でインスピレーションを形にする

VR を体験してその可能性を感じた Jessica Villarreal 氏と Christian Bretz 氏は、VoyagerVR を共同で設立...

新しい視点でつくられた海戦ゲーム Maelstrom

アーケードスタイル アクションに大規模なカスタマイズ機能とファンタジーから得たインスピレーションを融合させて、これまでの海戦バトルの概念を覆すのが狙い...