< オンライン ラーニング コース

ブループリントによるツインスティック シューター

このコースでは、ツインスティックシューター プロジェクトを取り上げ、Blueprints / C ++ワークフローについて説明します。 コーディングフレームワークキャラクターの作成方法、ブループリントを介したダメージの受け渡し方法などを学びます。

概要

このシリーズでは、ツインスティックシュータープロジェクトを紹介します。 Zak Parrishが、C ++コードのごく一部を使用して、主にブループリントプロジェクトを作成する手順を詳しく説明します。 また、Blueprints / C ++ワークフローを使用した作業手順も説明し、両方の作業がいかに簡単かをお見せします。 コーディングフレームワークと、それを活用してプロジェクトのさまざまな部分を構築する方法も説明します。基本クラスからキャラクターを構築する、ブループリントを介してダメージを渡す方法などです。 コース終了までに、実用的なツインスティックシュータープロジェクトを作成し、それを作成するためのすべてのツールとワークフローを理解します。
 

学習できる内容

  • ツインスティックシュータープロジェクトとブループリントを使用して一人称視点のシューターを作成
  • ベースクラスからアニメーション キャラクターを作成
  • ブループリントコミュニケーションを通してダメージを渡す
  • AIコントローラーとキャラクターAIの関係を認識し、AIコントローラーが与える影響力を制御
  • HUDを作成してゲームプレイデータを視覚化し、画面に適用


コースの長さ

4 時間
 

作者 

Zak Parrish


他のコースを見る