< オンライン ラーニング コース

サウンドとスペース

このコースでは、サウンドとスペースのあらゆる側面について説明します。サウンドを的確に使用することにより、いかにゲーム空間がリアルに感じられ、そこに没入しやすくなるかを見ていきます。

概要

このコースでは、サウンドとスペースのあらゆる側面について説明します。単純なオーディオ ボリュームから始め、適切なリバーブをゲーム空間に加えることが、プレイヤーがその空間をリアルに感じ、そこに没入するうえでどのように効果的であるかを示します。

距離に応じてサウンドにディテールのレイヤーを追加する方法と、オクルージョン システムを実装してオーディオをよりリアルに感じる方法について説明します。 このコースでは、カメラとリスナーの間の最も適切な関係を理解し、選択し、リスナーフォーカスを使用してレベルの重要な特徴に注意を引く方法を説明します。また、破壊可能なアセットがますます標準になっているため、コースでは、オーディオをゲーム環境の変化に動的に反応させる方法についても取り上げます。
 

学習できる内容

 
  • リバーブやネストされたリバーブを優先順位をつけて実装する
  • ブループリントを介してリバーブの設定を動的に変更し、空気による吸収、非空間半径、カスタム減衰、その他の高度な空間化設定を実装する
  • アンビエントゾーン機能を使ってオクルージョンを実装し、ブループリントを使って動的に設定を変更する
  • レイキャストがどのようにオクルージョンを実装し、高度なリバーブシステムの潜在的な基礎を形成する方法を理解する
  • カメラとリスナーの関係のベストプラクティスを実装し、リスナーフォーカスを実装する
 

コースの長さ

2 時間 7 分
 

作者

Richard Stevens & Dave Raybould


他のコースを見る