< オンライン ラーニング コース

Revit から Unreal Engine に関する基礎

Revit のモデルを Unreal Engine にエクスポートする手順、マテリアルのスワップ、他のプロジェクトからの要素の移行、サーフェスの強化、シーンのライティング、リアルタイム マルチカメラアニメーションの作成について説明します。

概要

Unreal Engine で Revit モデルを活用し、設計のリアルタイム マルチカメラ ビデオを作成する手順について、Steve Biegun がご説明します。ここでは、Revit からのエクスポート、Datasmith インポート オプション、Python を使用したマテリアルのスワップ、他のプロジェクトからのランドスケープと点景の移行、Substance マテリアルを使用したサーフェスの強化について説明します。そして締め括りに、シーンをライティングし、シーケンサでマルチカメラ アニメーションを作成して、ほぼリアルタイムでビデオを出力します。

学習できる内容

  • Autodesk Revit の Datasmith 機能を使用して、建築データを Unreal Engine に取り込む
  • 他のプロジェクトから Substance、マテリアル、スタティック メッシュをインポートして組み込む
  • ライト、反射プローブ、関連するライティング ボリュームをレベルに追加
  • ポストプロセス ボリュームを使用してカラーグレードを行い、自動露出設定を調整
  • シネマティック カメラとシーケンサを使用して静止画とレンダリングを作成
 

コースの長さ

1時間27分


作者 

Steve Biegun


他のコースを見る