< オンライン ラーニング コース

物理ベースのショットビズ

ショットビズについて学べるコースです。バーチャルロケーションで物理的に正確なライティングとカメラを使用して事前にスカウティングと計画を行うことで、実際の場所での撮影における時間と費用を削減しましょう。

概要 

撮影現場での時間とコストを削減するために、映画制作者の多くが撮影前に脚本を視覚化する傾向にあります。Unreal Engine で物理的に正確なカメラとライトを使用し、さらに CG で作成された環境と演者を取り入れることで、映画制作者は作品のビジョンに基づいて、ステージやカメラ、レンズ、そしてライトの組み合わせを事前に検討することができます。

Deepak Chetty が物理的に正確なレンダリングの制作のプロセスを噛み砕いて説明し、セットで使用できる概要図を提示します。


学習できる内容

  • 焦点距離、絞りを考慮しながら、バーチャルレンズのセレクションを使用して実際のレンズオプションに近づける
  • 1台のカメラだけでなく、ポストプロセスボリュームを使用するプロジェクト内のすべてのカメラで手動露出モードを有効にする
  • ショットビズ を使用して、Unreal Engine 内で物理的に正確なカメラの露出をシミュレート
  • ショットビズを使用して、現実世界の物理や機材の制約を受けた実写撮影のストーリーボードを変換して実行
  • 適切なカメラとショット情報が焼き付けられたショット ビジュアライゼーション フレームをシーケンサからエクスポート


他のコースを見る
  • コース長さ:1 時間 , 45 分
  • 作者:Deepak Chetty
  • リリース日:02-2020