< オンライン ラーニング コース

マテリアル マスターラーニング

エンジンでマテリアルを扱う多くの方法を学びます。入門に必要な情報に始まり、アーキテクチャの背後にある全般情報、物理ベース レンダリング (PBR) の考え方からテクスチャの使用方法を説明します。

概要

Sjoerd de Jong が、エンジンでマテリアルを扱う多くの方法を実際に確認していきます。扱う範囲は、入門に必要な情報に始まり、アーキテクチャの背後にある全般情報、物理ベース レンダリング (PBR) の考え方からテクスチャの使用方法に及びます。まず、マテリアル エディタ、マテリアル式、よく使われる組み合わせを詳しく見ていきます。次にマテリアル入力、シェーディング モデル、ブレンド モード、マテリアル ドメインに進みます。その後、マテリアル インスタンス、マテリアルが関数、マテリアル レイヤー、マテリアル パラメータ コレクション、HLSL と続きます。最後に、ツールを組み合わせて使用する方法と、上級レベルのサンプルを確認します。

学習できる内容

  • アーキテクチャの舞台裏を理解し、それがマテリアルの開発全体とプロジェクトのパフォーマンスに与える影響を理解する
  • Unreal Engine のマテリアル インスタンス、関数、レイヤー、マテリアル パラメータ コレクション、HLSL など、シェーダやマテリアルで利用できるツールの使用方法
  • マテリアル エディタのユーザー インターフェイスを操作し、一般的な組み合わせや式を使用する方法
  • 物理ベースのレンダリングの概念を定義
  • テクスチャや様々なマテリアル入力での作業

コースの長さ

6 時間 53 分
 

作者

Sjoerd de Jong


他のコースを見る