オンライン ラーニング コース

パフォーマンスキャプチャ用 Live Link

映画&テレビ
バーチャルプロダクション
アニメーション
このコースでは、ライブ キャラクターのパフォーマンスを Unreal Engine にストリーミングして、バーチャル プロダクションを作成する方法について学びます。

概要

ライブ パフォーマンスを Unreal Engine にストリーミングして、バーチャル プロダクションを作成したい映像制作者の方にはうってつけのコースです。ここでは、Unreal Editor 内でプロシューマー レベルの モーションキャプチャ スーツからのライブ入力をキャラクターとリンクさせる方法を紹介します。 

Live Link を使用してリアルタイムのパフォーマンスを操作してリアルタイム VFX を作成する方法も紹介します。コースを終える頃には、Unreal Engine 内でライブ モーション キャプチャ データをリターゲティングしてそのパフォーマンスを個々のテイクとして録画し、コンテンツ作成に使用することができるようになります。
 

学習できること

  • ブループリント ロジックでカスタマイズできるアクタ ブループリントにスケルタルメッシュを追加する
  • Live Link を使用して、アニメーションブループリントを介してモーションキャプチャスーツとスケルタルメッシュを接続する
  • Unreal Engine プロジェクトで Live Link を有効にしてアニメーション パイプラインを効率化する
  • Take Recorder を使用して Live Link からストリーミングされたアニメーションを録画する


他のコースを見る
  • コース長さ:45 分
  • 作者:Peter Csikasz
  • リリース日:10-2021