< オンライン ラーニング コース

ワールド位置に基づいたテクスチャを作成する

このコースではUV 座標を使用することなくスタティック メッシュ オブジェクトにテクスチャを投影する方法と、このテクニックを制作で効果的に使用する方法について説明します。

概要

この18分のミニコースでは、Paul Neale が、UV 座標を使用することなくスタティック メッシュ オブジェクトにテクスチャを投影できる、ワールド位置に基づいたテクスチャと法線を設定する方法と、このテクスチャおよび法線を制作で効果的に使用する方法について説明します。ワールド位置に基づいたテクスチャを使用すると、複数のテクスチャがまとめて正しくタイル処理された外観を常に得られるため、地面をはじめとするオブジェクトを拡張する場合に役立ちます。
 

学習できる内容

  • ワールド位置に基づいたテクスチャと法線マップを使用してテクスチャを投影
  • Blend angle corrected normals node(ブレンド角度補正法線ノード)を使用して法線をブレンド
  • 法線の Flatten ノードを使用して、法線の強度を制御
  • テクスチャに詳細マップを追加
 

コース長さ

18 分
 

作者

Paul Neale


他のコースを見る