オンライン ラーニング コース

ゲームデザイナーのためのブループリントとゲームプレイ

ゲーム
初心者向け
ブループリント
このコースでは、ブループリント ビジュアル スクリプティング システムの使い方とともに、ゲームプレイ要素とプロトタイプ アイデアを作成する Unreal Engine の機能について学びます。

概要

このコースでは、ブループリント ビジュアル スクリプティング システムの使い方とともに、ゲームプレイ要素とプロトタイプ アイデアを作成する Unreal Engine の機能について学びます。 

ゲームデザイナーには、他のすべての分野とコミュニケーションを取るという役目があります。つまり、エンジンが提供する大部分の機能を知っておかなければなりません。初めはブループリントの一人称テンプレートとスターター コンテンツから学びます。そして、一緒に皆さんのキャラクターに合う変数を決定するために、[Details (詳細)] パネルに変数を公開し、実行時に変数を変更して、キャラクター変数を迅速にイテレーションする方法を見ていきます。

この紹介の後、走る、しゃがむというアクションを自分で作ります。それから、プロトタイピングがもっと簡単になる Unreal Engine の UMG エディタや、Sound Cue Editor やサウンドやパーティクルなどの機能も説明します。将来プロトタイピングをスピードアップするのに役立つ、インタラクションを設定する様々な方法も扱います。
 

学習できること

  • チームにおけるゲームデザイナーの役割と責任について
  • ブループリントを使用してゲーム要素のプロトタイプを作成する
  • ブループリントコンポーネントを使用して、ブループリントアクタに機能を追加する
  • サウンドやパーティクルを環境に追加し、ブループリントを使用してそれらを制御する
  • Post Process Volumes を使用してシーンの全体的な見た目を変更する
 

他のコースを見る
  • コース長さ:1 時間 40 分
  • 作者:Tim Van Kan
  • リリース日:03-2021