2019年11月22日

仮想テクスチャリング


Unreal Engine は、大型のテクスチャを小さなタイルに分割し、可視的なタイルのみ読み込む機能をサポートしており、2種類のメソッドを提供しています。一つは、ストリーミング仮想テクスチャリングです。ディスク上の変換済みテクスチャから得られるテクセル データを利用します。ライトマップやアーティストが作成する詳細な UDIM UV テクスチャを使う場合に、テクスチャ メモリのオーバーヘッドを減らします。もう一つは、ランタイム仮想テクスチャリングです。これは、テクセル データが実行時に GPU によって生成されるものです。プロシージャルなマテリアルとレイヤード マテリアルのレンダリング パフォーマンスが向上します。