2019年9月4日

柔軟性に富むマテリアル エディタ


Unreal Engine の物理ベースのマテリアル エディタを使うと、キャラクターやオブジェクトのルックアンドフィールを、これまでは不可能であったレベルでコントロールできるようになります。仔細な検討にも耐えうるリアリティを備えた、さまざまなタイプのサーフェスを、直感的なノードベースのワークフローによって素早く作成することが可能になります。マテリアルを重ね、ピクセル レベルで値を微調整することによって、望みの感じが達成できます。