アンリアル エンジン 4.19 Preview 1 がリリースされました

アンリアル エンジン 4.19 の Preview 1 がエピック ゲームズ ランチャーからダウンロードできるようになりました。すぐに入手して新機能をご覧ください。

Unreal Dev Grants の受賞者が発表されました

アンリアル エンジン 4 でインディーゲーム、ツール、アニメーション長編映画を手掛けた世界中のデベロッパー達が選ばれました。

2018 年ゲーム業界期待のアンリアル作品

ゲーム業界の主要メディアが、年始に 2018 年期待のゲームを発表していますが、その中には、沢山のアンリアル エンジン プロジェクトが名を連ねています。

NVIDIA Edge Program 2017 年 12 月の受賞者発表

NVIDIA GTX 1080Ti を見事に獲得した素晴らしい作品をご覧ください。今すぐチェックして、みなさんもこれらの作品に続きましょう!

Udemy のコースのご紹介、Unreal Engine 4 Mastery: Create Multiplayer Games with C++

このブログでご紹介する Udemy のエピック ゲームズ公認コースでは、C++ とブループリントの機能を活用して AI を用いたマルチプレイヤー ゲームを開発します。

アンリアルで C++ でマルチプレイヤーゲームを作ってみよう

アンリアル エンジンには、すぐに使える素晴らしいマルチプレイヤー機能が豊富に備わっています。これを活かして、マルチプレイヤーゲーム制作の構想を立て、自分の手でゲームを作るための第一歩となるように、Udemy のチームが「入門ガイド」を用意しました。

IndieDB の 2017 年トップ 100にランクインしたアンリアル作品

2017 年にアンリアル エンジンを使って制作された素晴らしいゲームについて振り返りご紹介したいと思います。最近、IndieDB は 2017 年インディー ゲーム トップ 100 を発表し、沢山のアンリアル作品がランクインしました。

アンリアル エンジンの 2017 年を振り返る

リアルタイム制作、トップクラスのゲーム配信、革新的なインディー プロジェクト、さらにオスカー賞を受賞したストーリーテリングなど、2017 年はまさにアンリアル エンジン デベロッパーが大活躍した年でした!

スタッフイチ押し!コミケで展示される Unreal Engine 採用タイトルの中から一部をご紹介

本稿では、コミックマーケット 93 で展示される Unreal Engine 採用タイトル の中から、スタッフイチ押しの作品をご紹介します。

インディーのための XBox タイトル リリース手順

今回は、ID@Xbox チームにご協力いただき、Xbox 向けタイトルをリリースするプロセスについて説明します。デベロッパー登録の方法、開発のアドバイスとサポート、リリース手順について取り上げます。

4.19 から大きく変わる VR 解像度の調節方法

Screen Percentage を参照しない新しい cvar が Unreal Engine 4 (UE4) Virtuality Reality (VR) プロジェクトに登場します。概要を紹介します。

マーケットプレイス ホリデー セール開催のお知らせ

マーケットプレイスの 2017 年の最終セールのお知らせです。1,700 を超えるアイテムがお買い得価格でご利用いただけます。何と最高 90 % オフのアイテムもあります!

リアルタイム技術による作業時間の短縮とワークフロー改善のための 4 つの方法

早めにアイデアをテストして、デザインの妥当性を確認すれば、リソースの無駄が減ります。これに関連してリアルタイム技術が生産ワークフローに与える 4 つの主要メリットについて説明します。

PlayStation Experience 2017 で注目を集めたアンリアル エンジン採用のゲーム

PSX 2017 でプレイヤーを魅了したアンリアル エンジン採用の数々の作品をご紹介します。

Udemy Japan x Unreal Japan【割引コード付き】

動画教材のプラットフォームとして定評のある Udemy から、Unreal Engine の日本語のコースが3つ発売されました。この3つのコースは、これから Unreal Engine を始めようとしている方にオススメのコースになっています。発売を記念して先生方からディスカウントコードを発行してもらいました。この機会に是非お買い求めください。
 

GPORTAL がマルチプレイヤー インフラ管理について語る

マルチプレイヤーに重点を置いたゲーム インフラの管理について GPORTAL の Markus Schneider 氏に話を伺いました。

2017 Epic MegaJam 結果発表!

2017 Epic MegaJam の受賞作品が三週間かけて 270 を超えるゲームから選ばれました。詳細について続きをご覧ください。

何故、今リアルタイムなのか?

リアルタイム デザインが、動きが速いクリエイティブな業界で競争力を高めるうえでいかに大きな違いを生み出すかについて説明します。

Google Poly API の発表と同時にアンリアル向け SDK がリリースされました

アンリアル エンジン向け Poly Toolkit を使うと、アプリケーションが Poly と直接インタラクトし、デスクトップ、モバイル、仮想現実、拡張現実プラットフォーム上で動的にオブジェクトを検索、ダウンロード、インポートすることができるようになります。

リアルタイム技術が変える映画 / テレビ制作の未来

リアルタイム技術の採用によるワークフローの向上、処理費用や工数の削減方法をクリエイティブ業界のプロがズバリ解説します。