2018-6-4

WWDC 2018 において発表された ARKit 2 とアンリアルエンジンについて

作成 Dana Cowley

本日開催された WWDC 2018 の基調講演で、Apple は ARKit 2 を発表しました。ARKit 2 は iOS 12 で利用でき、改善された顔追跡、3D オブジェクト検出、パーシステントエクスペリエンス、エクスペリエンスの共有などの機能を含みます。複数のユーザーが拡張現実でエクスペリエンスを共有することで、多くの人が、参加者あるいは観察者として、同じシーンを異なる視点から同時に見られるようになります。

さて、このブログの読者の皆様には、どのような影響があるのでしょうか。エピック ゲームズでは、今月リリースするアンリアル エンジン 4.20 のプレビューで、ARKit 2 をサポートします。これによって、iOS デバイスで最新の AR 機能をまもなくご利用いただけるようになります。

プレビューのリリースに合わせて、アンリアルエンジン 4 での ARKit 2 のサポートをご利用いただく方法についてのマニュアルを提供します。また、環境のキャプチャ、ワールドの読み込み、保存、共有などについてご理解いただくためのサンプルのプロジェクトとドキュメントも提供します。

iOS 11 を実行できるすべてのデバイスが iOS 12 にアップデートできます。近日公開予定のアンリアル エンジン 4.20 のプレビューリリースについての続報をお待ちください。アンリアルと ARKit 2 を使用して皆様がどんなものを開発されるのか、今から楽しみにしています。

最近の投稿

astragon が『Bus Simulator 18』MOD 作成キットをリリース

Bus Simulator 18 MOD キットによって、『Bus Simulator 18』に新しいバス、都市、etc を作成できるようになりました...

善悪の内的葛藤がテーマ — DONTNOD の『Vampyr』

アンリアル エンジン 4 を活用して、DONTNOD は、善悪の境界がかつてないほど曖昧であった、1918 年のロンドンに命を吹き込みました。

アンリアル エンジン 4.20 Preview 1 がリリースされました

アンリアル エンジン 4.20 のリリースは間近です。最初のプレビュービルドがエピック ゲームズ ランチャーからダウンロードできるようになりました。今...