ウェビナー: Unreal Engine で地理空間 (GIS) データを使用する方法

2020年12月10日
先日開催されたウェビナー Working with geospatial data in Unreal Engine(Unreal Engine で地理空間 (GIS) データを使用する方法)では、Unreal Engine で地理情報システム(GIS)データを使用して高品質な地理空間 ビジュアライゼーションとインタラクティブなシミュレーションを作成する方法をご紹介しました。 

見逃した場合もご心配ありません。以下から録画をご覧いただけます。 
 

このウェビナーでは、シミュレーション分野のマネージャ Sébastien Lozé が、Epic Games が地理空間インテリジェンス コミュニティをサポートするために行っている複数のアプローチについて紹介します。そして、ビジネス ソリューション アーキテクトの Alban Bergeret が、外部の地形モデリングツールを使用して地理空間データからワールドを作成する方法をお見せします。 

Albanは、Trian3DBuilder と Unreal Engine の間のワークフローを実行する前に、地理座標と精度に関する懸案事項について概要を説明し、データの取り込み、ベクトルの帰属、地形の生成、Datasmithエクスポーターについて説明します。

学習できること: 
 
  • Trian3D builder などの地形モデリングツールを使用して GIS データをインポートする方法
  • Visual Dataprep のレシピを使用して、データを最適化し、インポートする方法
  • 3Dツリー、ウォーターシェーダなどを使用して、プロジェクトを装飾する方法

    他の学習コンテンツをお探しですか?

    Epic と業界のスピーカーによる様々なトピックに関する専門的なアドバイスを聞くには、ウェビナー シリーズの全コンテンツをご覧ください。また、Unreal のオンライン学習ポータルでは、実践的なビデオ コースやガイド付き学習パスをご覧いただけます。