2015-5-22

カジュアルコネクトアジアのインディショーケースに出展したアンリアルデベロッパーによる受賞作品

作成 Dana Cowley

5月23日までシンガポールで開催されていた カジュアルコネクトアジアでは、75作品を超える数々の素晴らしいゲームが インディペンデントショーケースに展示されました。

出展された代表作で賞賛を得たアンリアルエンジンデベロッパーのみなさまに心からお祝い申し上げます。

Planet Alpha 31 のクリエイター、 デブグランツ(支援基金) の受賞者でもある Adrian Lazar 氏に脱帽です! 

今回のイベントで一般に初公開となった自身の代表作 Planet Alpha 31 で、Adrian は Best Game Art、 Most Promising Game in Development、さらに Critic’s Choiceアワードすべてを総なめにしました。

最新の動画と Haogamers によるインタビュー記事 "Three Trophies for a Playtest" をご覧ください。

さらに SKARA:The Blade Remains を制作した 8 Bit Studio も Best Game Design受賞しています

受賞の余韻に浸っている Cesar Ortega-Domene の姿をこちらからご覧ください。

チームは SKARA のアルファバージョンを来週中にロンチする予定です。公開されている彼らの最新トレイラーをチェックして、彼らのツイッターアカウント @SkaraTBRをぜひフォローしてみてください。

 

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...