2014.6.25

アンリアル・エンジン 4 による Rivalry デモが Google I/O で初公開

作成 Jim Black

Google が 次期リリース Android L の新たなグラフィック能力を誇示する必要があった時、エピックと NVIDIA はデモをお願いされました。

デモの条件は、NVIDIA Tegra K1 モバイル プロセッサ上で動くということと、AEP (Android 拡張パック) の新たな機能を利用するということでした。なお、AEP は、OpenGL ES 3.1 の機能を拡張する API 群です。

エピックは、3 週間足らずで Rivalry (ライバル心) デモを制作しました。どうしたら、これほどビジュアル的に複雑なものを、このような短期間で作成することができたのでしょうか?結局は、エピックがそれまでに UE4 の機能を示すために、そのシーンを制作したことがあったと言うこともできます。ただし、それは DirectX 11 クラスの PC のために作成されたものでした。エピックのチームは、NVIDIA の開発技術エンジニアの方々と互いに協力することによって、このデモを Android と AEP に移植することができました。新たなオリジナルのコンテンツを加えて。Google が見せた Rivalry は、実際のところ、ハイエンドのデスクトップ向けレンダリング パイプラインを稼働させていました。Android L によって、そして UE4 によって、極々近い将来に PC ゲーム級のグラフィックをポケットに入れることができるようになるのです。

NVIDIA Tegra K1、AEP、UE4については、NVIDIA のブログでさらに詳しく読むことができます。  http://blogs.nvidia.com/blog/2014/06/25/google-io-tegra-aep-gaming/

あなたも フォーラムでディスカッションに参加してみませんか?

最近の投稿

エピック ゲームズが Cloudgine を完全子会社化

エピック ゲームズは Cloudgine を完全子会社化しました。同社のクラウド コンピューティングの専門技術とオンライン技術がアンリアル エンジンの...

UNREAL FEST WEST 2018 参加登録開始!

4月21日(土)に京都にて開催される『 UNREAL FEST WEST 2018 』の参加登録を開始しました。

第二回 Unreal Japan Stream 開催決定!

第二回 Unreal Japan Streamが1月24日に開催されます。近日開催されるゲームジャムに向けた特別な内容となっております。

...