2016-6-30

『The Turing Test』 で宇宙を考える

作成 Jeremy Peel

幾度となく Sci-Fi ゲームは孤立というテーマに回帰してきました。NPC (ノン プレイヤー キャラクター) のアニメートや自動化がとてつもなく大変な作業だからというわけではありませんが。宇宙では、境界のないスカイボックスで自分がいる場所の問題に対峙します。

「人は誰しも自分が本当に孤独なのかを理解し、模索し、発見したいという願望があります」と Bulkhead Interactive のクリエイティブ プロデューサーである Howard Philpott 氏は説明します。「澄みわたった夜空を眺めると、そう感じざるをえません。」 

彼の同僚たちは第二次世界大戦を舞台にしたシューティング ゲームでノルマンディの調査に取り組んでいました。Philpott 氏のチームは、地球から遠く離れた木星の惑星である凍った衛星、エウロパについて調べました。

生命体が存在する可能性がわずかにある衛星です。エウロパの厚い氷の下には、海があると科学者たちは考えています。『The Turing Test』 の未来では、国際宇宙局 (ISA) の探検隊が調査のために送り込まれます。乗組員のエンジニアであり、ミッションを支える Ava Turing としてプレイします。

 

「彼女は聡明で精神的に強い、冷静なエンジニアでドイツ系アメリカ人です。論理的思考で問題解決に取り組みます」と Philpott 氏。

ゲーム開始時に宇宙船のテクニカル オペレーション マシン、T.O.M によって冷凍された状態から目覚めて、T.O.M の能力では解けない問題に取り組みます。ゲームの中で解くパズルはヒューマン インタラクション テストで、基本的に手の込んだ CAPTCHA (応答者がコンピュータでないことを確認するテスト) です。

プレイヤーは Ava のエネルギー操作ツール (EMT) を様々な方法で使用します。これはハリーポッターのダンブルドアのデルミネイターのように機能し、ある物体からパワーを取り出し、それを運び、別の物体に向けて撃つことができます。

Bulkhead の前作、『Pneuma:Breath of Life』 では、パズルは広い意味で哲学的な傾向があり、すべての問題が独自のルールを持つ新たなミステリーにつながっています。これとは対照的に 『The Turing Test』 では、パズルを解くには累積した知識が頼りで、知識を論理的に組み立てて学んだことをいかし、「知識を弾薬として使う」ようにします。

弾薬は必要です。「どんどん存在感を増し賢くなる AI が、人間の文化に入り込んでくる」ことに対抗するために、ゲームでは常にパワーを求めて必死に努力するからです。

「『Pneuma』 ではプレイヤーは支配するために戦うという考えでプレイします」と Philpott 氏は続けます。「一方 『The Turing Test』 では、この考えをさらに押し広げ、人間の意識を対象に、物語を通してプレイヤーのモラルに挑みたいと思います。ゲームのパズルに取り組んで、ゲームの物語に深く入り込んだプレイヤーがどのように反応するかを見るのが楽しみです。

Ava が静止状態から起き上がったときの ISA のミッションの状態がどんなものかまだはっきりわかりませんが、Bulkhead がストーリーを語るのではなく、プレイヤーにその乗組員の運命について考える余地を与えるつもりです。

「我々の背景チームはユニークな没入感のある宇宙を見事に制作しました。この宇宙を探検し、多様な ISA 乗組員メンバーのバックグラウンドとそのミッションについて学びます。

Bulkhead ではこのゲームにアンリアル エンジン 4 (UE4) を採用しました。UE4 は同社の第二次世界大戦を舞台にしたシューティングゲーム、『Battalion 1944』 でも採用されています。採用のポイントは、アート ツールのシンプルさとアセット パイプラインの効率の良さです。これらは基本的に、短い開発時間で美麗な世界を構築するのに重要なものです。

「この環境ストーリーテリングがまとめられて美しくレンダリングされました」と Philpott 氏は誇らしげに語ります。「『The Turing Test』 の奥深いところにはプレイヤーが発見していく実にダークな物語が隠されています。」

先週発表があったばかりですが、『The Turing Test』 はほぼ完成に近づいています。これはスクウェア・エニックスのインディー支援プロジェクト、 Square Enix Collective の成果です。Square Enix Collective では、小規模ながら価値あるプロジェクトの制作を後押します。 

まだ多くはわかりませんが、Philpott 氏によると特に Steam でのリリースに関するサポートをはじめ Square Enix Collective は Bulkhead を大いに支援してくれているとのことです。 

「彼らはクリエイティブなアイデアやニッチな体験に焦点をあてています。これはゲームを通してユニークな物語を伝えたいデベロッパーである我々にぴったりでした」と Philpott 氏は説明します。「インディー スピリットと販売の手腕をうまく融合したものです。」

『The Turing Test』 のトレーラーでは、Ava は彼女のチームがエウロパで見つけた地球外生命について語ります。怖くもなく複雑でもありませんが、シンプルで洗練された迫力あるものです。こうしたものは Bulkhead が推し進める原則であり、この独特な世界観を持つパズルゲームを導くデザインの基本となるものです。

The Turing Test は 2016 年 8 月に Steam に登場します。

編集注記: PCGamesN は、長く続いている Making It in Unreal シリーズのためにアンリアル エンジンで制作された素晴らしいゲームを選んでそのデベロッパーにインタビューしています。エピック ゲームズは編集プロセスに関与していません。

最近の投稿

『 Unreal Japan Stream 2018.5.17 』開催決定!

今回は、3 月にエピックゲームズが無料で提供したパラゴンアセットをご紹介!またその活用法についてお話します。

VR を使ったリアルタイム コラボレーションがデザインに大変革をもたらす

今までは地理的に離れたデザイナーは、必ずしも一緒に集まって作業できるとは限りませんでした。アンリアル エンジンを使って 2 つの会社が、地理的場所に関...

リアルタイム デザインが百花繚乱、Unreal Engine Build:Paris’18

Unreal Engine Build Paris’18 はこれまでで最大の Build イベントとなりました。参加企業がアンリアル エンジンを使って...