2015-8-12

夏休み特別UE4授業 まとめ

作成 Shota Imai

夏休み特別UE4授業:「2日間でゼロから初級ゲーム開発者へ!」

 

エピック・ゲームズは、今年も復興支援「福島ゲームジャム」に参加しています。

ゲームジャムは、会場で集まった人たち何人かでチームを組んで決められた制限時間内にゲームを作り上げ、その作品を競うイベントです。

多くの方にアンリアルを使ってゲームジャムに参加していただきたいので、ジャム用の事前勉強会を開きました。

今年から、夏休み・冬休みにジャムに向けたUE4の特別講習を行いたいと計画しています。

今回はその第一弾です。

エピック・ゲームズが日本で参加予定しているゲームジャムは2つあります。

一つは夏の「福島ゲームジャム」(8月22、23日)、もう一つが冬の「グローバルゲームジャム」(年始)です。

どちらも、夏休み・冬休み期間中の開催ですのでぜひたくさんの人たちに参加して欲しいと考えています。

(「福島ゲームジャム」は名前のせいでややこしいのですが、日本中にサテライト会場があります。)

 

初開催の今回はハンズオン形式で行いました。18名の学生が日本全国から駆けつけてくれました。

みんな非常に熱心に授業に参加していました。

ハンズオンに必要なパソコンと素敵な会場は「ドスパラ」で有名なパソコンメーカーの「サードウェーブデジノス」様にお借りしました。

 

2日間に渡って行われた今回のイベントでは、

1日目下田から「UE4基礎」、2日目はロブから「ゲーム構築基礎」をレクチャーしていただきました。

内容としては、1日目でアンリアルエンジンで何ができるのかのイメージをまず得ていただいて、且つ簡単なデモを通してアンリアルの独特な用語やビュー操作に慣れてもらい、2日目でゲーム製作に必要なアクタの作成やUMGの作成などを実際のゲーム作りを通して勉強していただくというものでした。

振り返ってみると、ちょっと詰め込みすぎだったり 時間が足りなかったりと反省点はあるのですがたくさん学んで帰ってもらえたのではないかと思っています。

来年は3日くらいに分けた方がいいかもしれませんね。

建築方面で使いたいという学生のかたも多く集まってくれていましたので、今後建築向けのセミナーもやりたいですね。

 

こちらも初めての試みなのですが、当日のイベントの様子はYouTubeLiveで配信しました。

全国どこからでも同時にクラスを受けられるようにしようというのが狙いです。

結果、タイムラグが1、2分あったのでネットからいただいた質問に対応するとオフライン会場が一向に進まないという反省点も見つかりました。

が、ともあれ、録画しましたので、興味がある方はぜひアーカイブをごらんください。

 

 

また、冬ごろやりたいなと思っていますのでよろしくお願いします。

あと、みなさん福島ゲームジャム頑張ってね! 

(個人的な意見ですが、こちらのイベントを福島復興「オールジャパン・ゲームジャム」と称すれば「グローバル・ゲームジャム」とのバランスがとれて、なおかつサテライト会場もあることがわかりやすく、夏休みと冬休みに一つずつジャムがあるんだなーと わかりやすい気がするのですが どうでしょう? 下のコメント欄に実は書き込みができますので ぜひ使ってみてください。最近パワーアップしました。)

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...

NVIDIA, Intel Sponsor the Unreal E3 Awards 2018

E3 2018 でエピック ゲームズは、NVIDIA と Intel とパートナーシップを組んで Unreal E3 Awards 2018 を開催し...