2016-5-6

ストーリー ベースの VR、Emmerholt の制作背景

作成 Stu Horvath

多くの VR ゲームは短めに設計されています。ヘッドセットは重く、熱く、快適ではありません。特にヘッドセットの下にメガネをつけている場合はそうです。VR 環境にいるというだけで、精神的に疲れることがあります。こうしたことを考えると、VR は本格的なゲームというよりも、短時間の体験をする空間になりそうです。

Cherry Pie Games はEmmerholt でこうした考えを覆そうとしています。

Emmerholt はストーリー ベースのフリー ローミング系アドベンチャー ゲームです。プレイヤーは自分たちの町、Emmerholt を災難から救うべくプロシージャルに生成されたワールドを探検します。ランドスケープには古代の遺跡がちりばめられていますが、これまでのプレイの結果によっても影響を受けます。

プレイヤーだけが冒険の旅に出るわけではありません。忠誠な馬が目的地まで連れて行ってくれます。Shadow of the Colossus (『ワンダと巨像』)Red Dead Redemption (『レッド デッド リデンプション』)、および The Witcher に登場する馬、 Fable (『フェイブル』)Fallout に登場する犬などの動物がお供をする過去のゲームを元に、 Cherry Pie Games はプレイヤーと馬との間に感情的なつながりを作りたいと考えています。こうしたつながりと、Leap Motion コントローラーを組み込んだモーション トラッキングされた精巧なマジック システムが仮想現実での素晴らしい冒険を実現する基盤になります。

Cherry Pie Games はフロリダを拠点とするインディー スタジオです。Christina Parker、Brandon Austin、David Berry 、そして Trevor Swafford の4 名で構成されます。Christina Parker 、Brandon Austin 、David Berry の 3 名は、University of Central Florida のデジタル メディア ビジネス専攻の学生として出会いました。将来を予言するかのように、仮想の会社を運営するコースのプロジェクトで一緒になりました。どんな作品を扱ったのでしょう? Hollow というオリジナルのビデオゲームです。Washington Irving の The Legend of Sleepy Hollow の影響を受けています。

2 つのゲーム ジャム、すなわち UCF 主催の Big Scary Jam とInternational Leap Motion 3D Jam に参加して学期が終わりました。Hollow は Big Scary でベストアート賞を受賞し、Leap Motion Jam では 8 位になりました。Leap Motion Jam でチームは Leap Motion の作業で密接に連携してアンリアル エンジン 4 (UE4) の公式プラグインを構築しました。Hollow はUE4 で構築された Leap Motion の最初のゲームになりました。

Emmerholt は、Hollow の神秘的な低ポリゴンの世界への回帰です。没入感のある相互につながった一連の短い体験で、プレイヤーを何度も後ずさりさせます。

「プレイしていないときでも先んじてストーリーを考えたり、次の障害をどのように乗り越えるかについてなど、プレイヤーにゲームについて考えてほしいと思います。」

Christina Parker 氏が Emmerholt と VR についての質問にさらに答えるためにお時間を割いてくださいました。

Emmerholt は、一から仮想現実のために設計されています。極めて未知の領域ですが、どのように進めているのでしょう?直面している問題はありますか?

VR 向けの設計については楽観的になろうと思っています。未知の領域であるということは、ルイス クラーク探検隊 (太平洋へ陸路で初めて探検をした米国人) のようなものです。他の人々のために道筋を作っているのです。うまくできるといいんですが。VR 向けにいくつかの小規模プロジェクトの開発をしました。そのため、技術面での経験は豊富にありますが、存在するほとんどの VR ゲームと同様、ゲームプレイの時間はわずか数分でした。

Emmerholt のコンテンツは 5 時間を超えます。VR ヘッドセットを装着するのは疲れるのでこの長さは問題になります。こうしたことを念頭に Emmerholt を設計しました。ですから、このゲームは小さな VR 体験の集まりで、それらは同じ世界に存在し、ストーリーライン全体にとって重要なものです。

私が見た限りではゲームはすごく綺麗ですね。低ポリゴンの美しさが気に入りました。ゲームのビジュアル デザインはどんなものに影響を受けましたか?

自分たちでも低ポリゴンの美しさが気に入っているんです。現実の生活を再現するのではなく、ゲームをプレイしているときの感覚や様式を作り出したかったんです。強い感情を引き起こすためにカラー、スケール、ライティングに変化を加えました。ウォルト ディズニーの 『ホーンテッド マンション』のようなアトラクションに大きな影響を受けました。

他のゲームやメディアでインスピレーションを受けたものがありますか?

前述のように、ディズニーの『ホーンテッド マンション』からインスピレーションを得ました。また、ワシントン アーヴィングが書いた 『The Legend of Sleepy Hollow (スリーピー ホローの伝説) 』 やゲームの『Majora’s Mask (ゼルダの伝説 ムジュラの仮面) 』からも影響を受けました。

魔術を操るシステムをどのように思い描いたか、またどんなことを実現したいかお話いただけますか? そのために必要な技術はありますか?

数種類のアイデアを検討しましたが、以下がその基本となったものです。周囲から魔法を吸い上げる機能を持つ特殊なランタンを持ちます。吸い上げることができるものと、一度に持つことができる魔法の数には制限があります。例えば、キャンドルや蛍を吸い取って魔法をかけて光の輪を目の前につくり、闇の世界に生息する者たちを追い払ったり、単に道を照らしたりします。

こうした魔法をかけるシステムによってプレイヤーはゲーム内で一段と多様な選択肢を持ち、ゲームのリプレイ性が高まります。特別な技術は不要ですが、Leap Motion はサポートされます。

乗馬がゲームで重要な部分を占めていますよね。動きのフィードバックなしに VR でどのようにシミュレーションするのですか? VR で落下するときに使われるやり方で脳をだますために視覚的刺激を使うのですか?

ここで Leap Motion のハンド トラッキングが役立ちます。手綱の視覚的刺激と自分の手が見えますが、自分の目の前で手を握っているという感覚と馬を加速するために鞭を打つ感覚がメインの要素です。

Oculus の価格が発表されたときどう思われましたか? ゲームのエコシステムにおいて VR をどのようにお考えですか?

私はあまり驚きませんでした。早い段階では、1,500 ドルや 350 ドルという予測がありました。新しい技術として、成長の余地を持たせるためによりハイエンドを目指すでしょう。さらに多くの VR がリリースされたり、多くの Oculus デバイスが制作されるにつれて質が高まり、価格も引き下げられることでしょう。技術とはそんなものです。

VR が単なるゲーム アクセサリの枠を超えるものになって欲しいと思います。コンソールのように自立してほしいのです。きっとそうなると思います、それも今後 3 年から 5 年の間にね。

このゲーム開発に UE4 を使った理由は?

プラグインを必要とせずに UE4 にはすべてのツールがそろっています。このゲームの美的側面ではレンダリング機能が重要です。UE4 は私たちの作業に非常に適しています。

UE4 でこうしたゲームを作るのはどんな感じですか? 問題が発生したり、解決したりしましたか? UE4 は VR 向きですか?

UE4 で Emmerholt を制作するのは素晴らしいことです。デフォルトで物理ベースのシェーダーを利用し、非常にシャープなシャドウを作り出しました。また、UE4 の間接ライティングは優れものです。パーティクルとマテリアルのシステムも非常に堅牢ですし。UE4 はとても VR に向いていると思います。あらゆる主要な VR ソフトウェア開発キットだけでなく Leap Motion も統合されているからです。

Unreal Dev Grant をもらった経緯は? その結果、どんな変化がありましたか?

Leap Motion 3D Game Jam 中にエピック ゲームズの目に止まりました。UE4 向けのプラグインの開発で我々が Leap Motion を支援していたからです。結局このゲームは UE4 で構築した Leap Motion の最初のゲームになりました。当時、我々は Leap Motion のプログラマーと協力し、アンリアル エンジンで一部の作業をしていました。私たちは Leap Motion Jam の Hollow が気に入りました。自分たちが作り出した世界観も好きです。ですから、後続のゲームの Emmerholt でそれを拡張することにしました。プロトタイプを迅速に作成して、Unreal Dev Grant にサブミットしました。数か月が経って、受賞の知らせを受けたのです!

Unreal Dev Grant 受賞によって変化がありました。 4 名しかいないスタジオですが、ゲーム業界から大きな注目を浴びるようになりました。つまり、業界が我々を信じて成功を望んでくれたのです。こうした信頼は実際に我々の自信を高め、ゲーム業界の人々も注目してくれました。Unreal Dev Grant を受賞したので、実際に Emmerholt を制作することができます。初めは単なるアイデアで夢にすぎなかったものが今や実際に制作し実現できるようになりました。

--

Unreal Dev Grant の Unwinnable とのパートナーシップ で詳しい情報をご覧いただくことができます。 この記事のようなコンテンツをさらにご覧になるには、Unwinnable を購読してください。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...