August 14, 2016

セガ・ゲームジャムでUE4の機能を活かした2タイトルが登場

作成 小野 憲史

経歴もスキルもまちまちな参加者が即席のチームを作り、同じテーマにもとづいて数十時間でゲームを開発する「ゲームジャム」。

そこで欠かせない存在が、Unreal Engine (UE) 4をはじめとしたゲームエンジンやミドルウェアです。

2016年7月16日から17日まで、約34時間で開催された「セガ・ゲームジャム」でもUE4を使用した2チームが参戦。

「美少女」をテーマに、ゾンビをカメラで撃退するアクションゲームと、HTC Viveを使用したVRゲームが作られました。

セガ・ゲームジャムはその名の通り、セガグループの有志によって2011年より開催されているゲームジャムで、今回で9回目を迎えます。業務ではなく「課外活動」という位置づけで、いわば大人のクラブ活動。

もっとも、普段顔を合わせることのない他企業・他部門のクリエイターとチームを組んだり、普段の業務から離れて自由にゲームを開発したりといった経験を通して、社内活性化やモチベーションアップにも繋がっているといいます。

今回の参加者はセガグループ各社や、グループ傘下のアトラスからの希望者、さらには来春の内定者2名などを含めた全39名。

当初は十数名からスタートした本ゲームジャムも、回数を重ねるごとに規模が拡大し、過去には非開発業務(総務など)からの参加もみられたほど。

開会式では参加者の投票とくじ引きという二段階選抜で、開発テーマが「美少女」に決定。8チームに分かれて開発がスタートし、クオリティの高いユニークなゲームが続々と完成しました。

チームメンバーのスキルが平均化するように、ゲームジャムでは申込み時に職種や希望などを各自が申請し、運営スタッフがそれを元にチーム編成を行うスタイルが主流です。今回も参加者の希望により、UE4を用いる特別チーム「カメ子さんチーム」が編成されました。また、HTC ViveによるVRゲーム開発専門チーム「チームVR紳士」も別途編成され、こちらも参加者の希望から、UE4が使用されることになりました。

カメラのフラッシュでゾンビを撃退する『Girls & Zombies』

「カメ子さん」チームが開発した『Girls & Zombies』は、周囲から迫り来るゾンビなどを、カメラのフラッシュを炊いて撃退しつつ、ヒロインをゴール地点まで誘導する一人称視点のアクションゲームです。ゾンビにはUE4のサンプルアセットでおなじみのロボットキャラクターを使用。ヒロインの3Dモデルには、アニメ『Hi☆sCoool! セハガール』で、過去に配布されたMMDモデル(ドリームキャスト)が使用されています。

ゲームを始めると少女が自動的に撮影会場の室内プールを移動し、出口に向かって歩き始めます。これに追いすがろうとするのが無数のゾンビたち。ゾンビは光に弱く、フラッシュを浴びせると倒せるものの、撮影枚数に限りがあります。また、出口からはカメコ(カメラ小僧)が登場し、少女の行く手を遮ります。プレイヤーは少女を撮影すると撮影枚数が増える不思議なカメラとレフ板を駆使して、ゾンビやカメコを撃退しつつ、出口へと誘導することになります。

本プロジェクトでチームリーダーをつとめたのは、セガ・ゲームジャムの運営スタッフの一人でもある、セガ・インタラクティブの石畑義文氏。『電脳戦機バーチャロン』など、さまざまな人気タイトルの開発を手がけたベテランエンジニアです。もっともゲーム業界をとりまく急速な変化にともない、数年前からゲームエンジンについても勉強を開始。今回もUE4の学習を深める上で良いタイミングと捉え、本チームに参加したと語りました。

「美少女」というキーワードから、撮影会というアイディアが生まれ、撮影することで幽霊のようなものから美少女を助けるという具合に発想を展開。石畑氏もUE4で、キャラクターのモーション制作に初挑戦しました。もっとも、チーム全体がUE4のビギナーだったこともあり、ゲームメカニクスの実装だけで予想以上に時間が費やされることに。特に複数のモーションをランダムで発生させる際のやり方が詰め切れず、心残りな結果になったと言います。

もっとも、一度覚えてしまえばBlueprintでロジックを組むのは、エンジニアの視点からみても、それほど問題がないことがわかったという石畑氏。「ノードベースなので他人に目で見て伝えやすく、お互いに教え合うのにも適しているように感じました」(石畑氏)。特にUE4のエディタ機能の一つである「サブレベル」を活用することで、アーティストとの共同作業が楽に進められた点が良かったと振り返ります。

またUE4で起こりがちなのがマージ問題。実際、過去のゲームジャムでもLevelBlueprintをチームメンバーで共有した結果、終盤で全体が巻き戻ってしまい、大変な目にあった