2016-10-6

エピックゲームズが Oculus Connect 3 で Robo Recall を発表

作成 Daniel Kayser

エピック ゲームズは本日、Oculus Connect 3 のステージ上で、Oculus Touch コントローラを大いに活かしたアクション満足度の高いゲームプレイと徹底した得点システムのアクション豊富な VR ファーストパーソン シューティングゲーム Robo Recall を発表しました。Robo Recall では、プレイヤーは厄介なロボット達と対戦し、武器を増やしては準備しながら、VR のイマーシブな中を探検します。 Robo Recall は 2017 年早々に登場予定で、すべての Oculus Rift 所有者が無料で使用できるようになります。

アンリアル エンジン 4 を採用したこの新しいゲームでは、プレイヤーが弾丸が踊るように飛び交う中、街の通りや屋上をすり抜けてテレポートしながら、クリエイティブな戦闘戦術とスキルショットを使うと高得点を得ることができます。

「VR はかつてないほどの没入レベルを実現しています。Robo Recall で我々が目指している目標は、このような新しいツールを利用して、シューティングゲームの新世代、あまりに強烈で、脳裏に焼き付き、繰り返し楽しめる体験をしてもらうことです」とプロデューサーの Tommy Jacob が説明してくれました。「Robo Recall のビルドは、直観的で使いやすくワクワクするような VR 体験の作成という点で、Bullet Train の経験を活かしています。Touch インテグレーションとインタラクション メカニクスを改善および拡張し、フリーな移動テレポートを追加しプレイヤーが背景を探索できるようにして、アート面での品質が大幅に改善されました。

RoboRecall_Screenshot1-770x546-61b619f3657f98cd72996a770edc05b772c93802

上の公式トレイラーでご覧頂けるように、プレイヤーはインタラクティブなロボットの敵を分解して、敵のオンスロートに対抗する武器として使用できます。ゲームの間、難易度を増すミッションに取り掛かる前に、RoboReady HQ に戻って武器の解除、カスタマイズ、テストを行って、自分が新発見したスキルを試します。

エピック初の VR タイトルは こちら をご覧ください。

Oculus Rift および Oculus Touch コントローラについては こちら をご覧ください。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...