今年の GDC オープニング セッションのテーマは「品質と革新」
2017-3-2

今年の GDC オープニング セッションのテーマは「品質と革新」

作成 Daniel Kayser

今年もまた、エピック ゲームズ創設者であり CEO を務める Tim Sweeney が様々なニュースと発表を用意して、2017 Game Developers Conference のオープニング セッション「State of Unreal」に登壇しました。

ゲーム、映画、そして自動車業界のリーダーでもあるエピック CTO の Kim Libreri も Sweeney とセッションを進行しました。アンリアル エンジンは、オンスクリーンで最終的なピクセルをリアルタイムで処理可能という優れたデジタル コンテンツ作成能力で、世界中のクリエイターが夢を実現していることを語っています。

エピックは自らの将来のビジョンを説明するにあたり、ゲーム、VR/AR、アニメーション、リアルタイム レンダリング、ビジュアライゼーションの可能性について再検討しやすいように、注目度の高いプロジェクト シリーズを発表しました。こちらの動画でセッションの一部始終をご覧いただけます。エピックからの発表を お見逃しなく。

STATE OF UNREAL

2 年前の GDC で衝撃の無料リリースが発表されて以来、アンリアル エンジン 4 は世界中で多くの人にインストールそして愛用されています。Tim Sweeney は、このようなエンジンおよびエコシステムの急速な成長について言及しました。アンリアル エンジンの収益は、2015 年に過去最高を記録し、2016 年さらに数字は 2 倍になりました。2016 年の Steam での売り上げトップ 25 のうち、商業的な利用を許可しているエンジンはアンリアル エンジンのみでした。アンリアル採用のゲームのうち、昨年だけでも 10 本のタイトルがトップの座に輝いています。さらに韓国では、UE4 採用のモバイル ゲーム 2 本がトップに輝き、アンリアル デベロッパーのグローバル収益は 10 億以上にのぼりました。

blogAssets%2F2017%2FMARCH+2017%2FUnreal+Engine+State+of+Unreal+Wrap+Up%2FGDCKeynoteWrap_StarWars-770x517-1d8826c9827979bb582573d2e4190f0cc6b6f56b

 ROGUE ONE:A STAR WARS STORY  で使った技術

ILM の CCO で  Rogue One  ビジュアル エフェクト スーパーバイザー、John Knoll 氏が登場し、Lucasfilm ADG の Principal Engineer and Architect、Naty Hoffman 氏と共に、従来のプリレンダリング プロセスを避けつつオンスクリーンで最終的なピクセルを出力することにより、UE4 を拡張して Rogue One  のアンドロイド K-2SO のレンダリングを実現した経緯を説明しました。このような神業は UE4 およびソースコード変更の自由があってこそ実現できたことであり、映画作成および VFX の成功におけるエンジン選びの重要性を垣間見ることができます。プレビジュアライゼーションと実際の実行ははっきり区別することで、Naty のチームが John の非常に高い品質標準をクリアし、アカデミー賞最終ノミネート映画作品に相応しい映像を UE4 のリアルタイム レンダリングで作成しました。

エピック ゲームズ、CHEVROLET、MILL 共同制作による “THE HUMAN RACE”

 Chevrolet と Mill は意欲にあふれた今やゲームを変えつつあるエピックのパートナーです。今回この 2 社と共同制作した、リアルタイム ショートフィルムおよび AR プレゼンテーション “The Human Race” が GDC で高く評価されました。エピックのアンリアル エンジンと Mill 独自の仮想制作ツールキット Mill Cyclops™ を合わせた “The Human Race” は、リアルタイム ビジュアル エフェクトとライブ アクション ストーリーテリングが融合した作品になりました。Chevrolet FNR コンセプトカーとの白熱したレースに 2017 Chevrolet Camaro ZL1 を登場させる未来を描いた映画を制作するため、これらの技術を組み合わせて、既存のリアルタイム レンダリング機能の壁を打ち破りました。

「エピック カスタマーがアンリアルで成し遂げた革新的な例を紹介するのがとにかく嬉しい」とエピック ゲームズ CTO の Kim Libreri は言います。「本日のプレゼンでは、アンリアル エンジンのリアルタイムでフォトリアルなレンダリング機能とライブアクションを組み合わせる、つまりポストプロダクションから『ポスト』を取り除くと何ができるのか紹介します。」

AR ビジュアライゼーションの再生成は、エピックのプレゼンにおいても、プロジェクト作成に使うリアルタイム技術にクローズアップしてライブで説明されました。

モバイル、インディー、大手制作スタジオ・・・あらゆる分野で活躍するアンリアル

受賞俳優でもあるディレクターの Andy Serkis が、自ら開いたスタジオ Imaginati Studios を紹介しました。Imaginati Studios はエピックとも提携しています。昨年 11 月、Royal Shakespeare Company 制作の William Shakespeare’s The Tempest をライブでモーション キャプチャしたパフォーマンス データに基づいて、アンリアル エンジン 4 でデジタル キャラクターをレンダリングし、チームは現在ゲームに取り掛かっています。Imaginati Studios 初のプロジェクトは、アンリアル エンジン 4 でしか提供できない素晴らしいリアルタイム レンダリング ソリューションを使って開発中です。

アンリアル エンジンは、チームの大小を選ばず、世界中で認められているツールセットです。今回も数多くのサクセスストーリーが語られ、その最新作が紹介されました。Nintendo America の President 兼 COO の Reggie Fils-Aimé 氏は、全世界のデベロッパーに向けたメッセージの中で、「Nintendo Switch 向けに素晴らしいゲームを作りたいなら、必要なものはアンリアルにすべて入っている」と述べました。Sumo Digital 制作の Snake Pass は、今週エピック ブースでのみ Switch でプレイすることができます。

2016 年の 12 月のリリース後に大ヒットとなった、Netmarble の Lineage 2:Revolution のケースを見れば、アンリアル エンジン 4 によって高品質でスケーラブルなモバイル開発がどれほど容易になったのかお分かりになるでしょう。NetMarble US の CEO である Simon Sim 氏によると、リリース後 30 日間のプレイヤー数は 500 万人を超え、収益は 176 億円に達したということです。Lineage 2:Revolution のサービス提供は現在のところ韓国のみとなっていますが、途方もないプレイヤー数を誇り、リリース開始のインデックス、収益とも驚異的な記録をマークしました。パブリッシャー Netmarble とデベロッパー Netmarble Neo は、主要地域ごとのカスタム ビルドを行うことでゲームのグローバル導入を計画しています。

あの大手デベロッパー Gearbox Software から Randy Pitchford 氏も登場し、UE4 を使って今後着手するプロジェクトについて語りました。Borderlands による背景のライブ デモでは、アンリアルを使えばアーティストは思い描いていたアイデアを妥協することなく、すべての新規 LOD の実現が可能なことを実証しました。

System Era の共同創始者 Adam Bromell 氏は、大ヒットを記録したインディー ゲーム Astroneer について檀上で語りました。わずか 5 名で制作した Astroneer は、惑星にいる宇宙飛行士の孤独感を味わえるゲームを作ろうとしていた System Era が、宇宙航空業界の影響を大きく受けて開発したサンドボックス型探検ゲームです。Bromell 氏は、「当初チームが使っていた全く別のエンジンでは必要なツールのビルドに膨大な時間を奪われていたので、必要なツールをすぐに使える状態で提供してくれる UE4 に切り替えたことで貴重な時間の節約ができた」と述べました。さらに Bromell 氏は、「小さなチームで高い品質を追求した壮大なゲームを作りたいなら、UE4 はまさにぴったりのリソースだと思います」とも付け加えました。

blogAssets%2F2017%2FMARCH+2017%2FUnreal+Engine+State+of+Unreal+Wrap+Up%2FGDCKeynoteWrap_Astroneer-770x433-f3a2a47e6ac80e1594b7df20dbbfa04c0b9181b3

VR 開発エンジンならアンリアル

Robo Recall には、部分的にアンリアルの VR エディタが使われています。エピック ゲームズ Principal Technical Artist である Ryan Brucks が、エピック ゲームズ Tools Programmer Lauren Ridge と一緒に、彼がこのほどデザインした美しいビーチ シーンを使いながらデモを行いました。昨年の GDC でリリースされた VR エディタはこの 12 ヶ月で飛躍的に機能を拡大しました。 非対称コントローラの新たな設定、改善されてスムーズになったレーザー、そしてフォリッジ追加に使用するラジアルメニューの更新についてLauren が簡単に説明しました。他にも、VR モードの新たなテレポート シミュレーション フィジックス、スマートスナップ、VR モードでのシーケンサー編集などの新機能があります。

VR エディタのデモ最後の目玉として、エピックは 2017 People’s Choice Award という名誉を獲得した Pixar のアニメ映画 Finding Dory のワンシーンを紹介しました。これはまた、アンリアル エンジンがユニバーサル シーン ディスクリプション (USD) をサポートするという、サプライズの発表も兼ねていました。

「多様多種のパイプラインで、スムーズに障害なくアセットを交換し、多様な手法を使うアーティスト達が大規模な共同作業を円滑に行えるように USD をビルドしました。エピックが誇るアンリアル エンジンを USD 互換のあるツールの拡張セットに追加しました」と USD プロジェクトのプロジェクト マネージャー Alicia Mooty が説明しました。

メッシュ編集をはじめとする VR エディタの新機能のプレビューは、フルソースと併せて GitHub からご利用頂けます!

Oculus および Oculus Touch の値下げ

Oculus VR の CEO である Brendan Iribe 氏が Tim からの紹介を受けて Oculus 社のニュースを発表しました。本日付けで Odullus はメーカー小売り価格から $200 の値下げを行い、ヘッドセットと Touch コントローラーが $798 から $598 となります。

Oculus がさらにキットを提供

ハイエンド PC VR ヘッドセットおよびモーション コントロールの値下げに加えて、Oculus は250  Unreal Dev Grants プログラムでデベロッパーに授与する Rift + Touch キット 250 セットをエピックに提供することを発表しました。

ROBO RECALL のリリース開始

昨年後半にOculus Connect 3 で公開されたエピックオリジナルのゲーム Robo Recall は、アンリアル エンジンが誇る VR 機能をふんだんに活用した、ど派手なアーケード アクションが特徴です。Oculus Touch コントローラー用にデザインされたコンバットと入力を満足させる Robo Recall は Oculus Touch 所有者に対して無料です。さらに、 新たに公開およびリリースされた Robo Recall Mod Kit もエピック ゲーム ランチャーから無料でご利用頂けます。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...