2018-4-19

EGX Rezzed 2018 のアンリアル ブースで UE4 採用のインディー作品の成功を支援

作成 Becky Mullen

EGX Rezzed は4 月 13 日から 15 日まで開催された英国最大規模のゲーム イベントです。エピック ゲームズは今年もアンリアル エンジン 4 デベロッパー向けの専用展示スペース、“Powered by Unreal Engine” ゾーンを今年も設けました。

メック シューティング ゲームの  Blazing Core から、アクション アドベンチャーの  Raji:An Ancient Epic、愉快なパーティー ゲーム、 TYRED に至るまで、今年の展示では誰もが楽しめるものが何かしらありました。

“Powered by Unreal Engine” のショーケースでは、Rezzed の来場者にさらに多くの魅力的なゲームを試遊してもらうだけでなく、まだ開発段階のプロジェクトをプロモーションするデベロッパーにとって素晴らしい機会もありました。

EGX_Rezzed_2018_Pic2.jpg

特に国際的なデベロッパーにとって、Rezzed は英国のプレイヤー向けにゲームを紹介する理想的な場所です。そうしたデベロッパーの一例として、シアトルを拠点とする Holospark が挙げられます。彼らはco-op シューティング ゲーム、 Earthfall を初めてロンドンで紹介しました。Earthfall では 4 名のプレイヤーがチームを組んで銃、バリケードなどを使って恐ろしいエイリアンとオンラインで戦います。

「今回初めて Rezzed に参加しましたが、素晴らしい経験になりました。欧州のゲーマーは Earthfall とアンリアル エンジンで作られたものを気に入ったようでした。アンリアル エンジンがなければ、このクオリティのゲームは作れなかったと思います。」 (Holospark のシニア コミュニティ マネージャー、Collin Moore 氏)

EGX_Rezzed_2018_Pic4.jpg

他にもイタリアのインディー デベロッパー、Singular Perception もショーケースに参加しました。彼らの作品、 EPYKAは、VR アドベンチャー体験ゲームで、プレイヤーは Jack という犬の助けを借りて美しい失われた島の秘密を探る冒険をします。Rezzed で披露することで、チームのメンバーは英国のジャーナリストたちや、EPYKA の将来のプレイヤーに出会うことができました。

「エピック ゲームズと一緒に参加することで、実に良い機会になりました。EPYKA に対するフィードバックは非常にポジティブなものでしたし、特にジャーナリストや子供たちに受けが良かったです。Rezzed の来場者は子供から年齢を重ねたゲーマーまで幅広い層に渡りました。初めて VR を体験した人もいました。」 (Singular Perception のセールス & マーケティング マネージャーの Sofia Castegren 氏)

開発途中のゲームに加えて、アンリアル エンジン ゾーンでは、最近ローンチされたばかりのゲームも披露されていました。 Q.U.B.E. 2 は、Toxic Games が手がけたファースト パーソン パズル アドベンチャー ゲームです。プレイヤーは不思議なエイリアンの惑星から脱出するためにパズルを解いていきます。

「Rezzed 参加は我々にとって大きな収穫がありました。『Q.U.B.E. 2』をローンチしたばかりだったのでその場でフィードバックを得られたのは素晴らしいことでした。誰かが自分のゲームを見つけてくれて初めてプレイしてくれるのを見ると特別な気持ちになります。エピック ゲームズとは良い関係を築いており、プロセス全体が実にスムーズで他のショーケースと比べて面倒なことはありませんでした。」 (Toxic Games のコミュニティ マネージャー、Adam da Rocha 氏)

EGX_Rezzed_2018_Pic3.jpg

今回は、エピック ゲームズと世界的慈善団体、Wellcome の共催による開発コンテスト、 Developing Beyond からの 2 作品にもスポットをあてました。一年にわたって行われるこのコンテストでは、インディー チームが “Transformations” というテーマに沿って作品を制作し、開発資金 50 万ドルをかけて競います。優勝は、All Seeing Eye が制作した Seed という VR 植物育成ゲームで、第 2 位は、Lost Forest Games が手がけた Winter Hall 、第 3 位は Untold Games の Terramars です。Winter Hall と Terramars の 2 作品は EGX Rezzed で披露されました。

「“Powered by Unreal Engine” ゾーンに参加するということはゲームのクオリティにお墨付きをもらったようなものです。エピック ゲームズからのサポートは素晴らしいものでした。Winter Hall をプレイした人々から良い反応が得られただけでなく、パブリッシャーとも話す機会に恵まれました。」 (Lost Forest Games のディレクター、Robert McLachlan 氏)

これ以外にも以下のように素晴らしい数々の作品が披露されました。是非、チェックしてみてください。

UNREAL ENGINE GAMES AT EGX REZZED 2018           

ANOTHER SIGHT

Armoured Onslaught

Blazing Core

Cerebros

Dovetail Games Euro Fishing

Earthfall

Elevate Combat League

EPYKA

Everspace

Hello, My Name Is Nobody

Lost Ember

Metamorphosis

Oniria

Q.U.B.E 2

Raji:An Ancient Epic

Sinner:Sacrifice For Redemption

Space Cows

State of Mind

Terramars

Tetra:Elemental Awakening

The Fall of Lazarus

The Sinking City

Train Sim World:Founders Edition

TYRED

Winter Hall

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...