2015-5-20

OPTPiX SpriteStudioがUE4に対応!

作成 Shun Sasaki

2Dスプライトアニメーションツールとしてお馴染みのOPTPiX SpriteStudioが、UE4に対応!

SpriteStudioを使って、UE4で2Dゲームを作ろう!

 株式会社ウェブテクノロジは、2Dスプライトアニメーション作成ツールであるOPTPiX SpriteStudio(http://www.webtech.co.jp/spritestudio/)のUE4プラグインVer1.0を5月21日にリリースしました。SpriteStudioは分かりやすい専用エディタにより、スプライトアニメーションを作成するコストを大幅に削減。デザイナーがクリエイティビティを発揮して、2Dゲームや2.5Dゲーム用の素材を手軽に作成できるツールです。ゲーム制作自体を効率化するUE4と組み合わせて使うことにより、より手軽にクオリティの高い2Dゲームを作ることが出来ます!

 また、UE4プラグインの開発はUE4専門のゲーム開発スタジオである株式会社ヒストリアが担当。UE4を使用した実際の現場を想定して、BlueprintやUMGとインテグレートされています。

【プラグインのDL】 https://github.com/SpriteStudio/SS5PlayerForUnrealEngine4

【ドキュメント】 http://historia.co.jp/spritestudio

たった2回のドラッグ&ドロップで、
 OPTPiX SpriteStudio のデータが再生可能!

 今回プラグインを作成するにあたって、手軽に使えることを目指しました。プラグインをDLして有効にしたら、たった2回のドラッグ&ドロップでSpriteStudioのデータを再生できます。 時間のかかるC++のビルドや、難しい設定は必要ありません。まずはお手持ちの SpriteStudioのデータや、サンプルデータで試してみましょう。

Blueprintで完全制御

 アニメーションの再生、停止はもちろんのこと、テクスチャの差し替えやユーザーデータによるイベント取得などのあらゆる操作がBlueprintだけで対応可能です。アクターコンポーネントとしてSpriteStudioのプレイヤーを追加できるため、UE4のあたり判定と組み合わせて使用すれば、簡単に2Dゲームが作成できます。

 キャラクターのアニメーションから2Dエフェクト、HUDレイヤーでのアニメーション演出など、Blueprintと組み合わせればいろいろなことが可能です。

Paper2Dとも連携可能

 アクターコンポーネントとして実装されているため、UE4標準のスプライトシステムであるPaper2Dと連携して再生することにも対応しています。通常はPaper2Dで作成して、凝ったアニメーションを行いたいときはSpriteStudioを使う、といったアクセントを加えるような使い方も可能です。

アカデミック・個人開発者向けライセンスを用意

 SpriteStudioは、学生や、個人開発用途であれば無料のライセンスを提供しています。それ以外の方も1か月トライアルが申請できるので、ぜひこの機会にUE4×OPTPiX SpriteStudioで2Dゲームを作ってみてはいかがでしょうか。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...