2014.7.23

マーケットプレイスでマチネを使った戦闘シーンデータ公開

作成 Dana Cowley

マーケットプレイスでフリーなアセットとして公開している Reflections Subway はもうご存知かと思いますが、これは環境モデルに反射素材多く使われているので リアルタイムで反射の描画の美しさをみてもらうのに最適なアセットになっています。

これまでにショーケース的なアセットとしてお見せ出来ていなかったものに、 Matinee(マチネ) を使ったアニメーションデモがあるとおもいます。今回は戦闘シーンを題材にシネマティックシーンの構築の参考にしていただけるようなアセットを用意しました。

弊社のシニアシネマティックデザイナーのマイケル=クラーセンはリフレクションマップを使って何かシネマティックのサンプルが作れないかと考え、シニアVFXアーティストのティム=エルクとシニアアニメーターのガーヴィン=マロンの力を借り製作に至りました。

このアセットについては明日の Twitchストリーム (日本ではまだそんなに流行っていませんが、動画のストリーミング配信サービスです。)でご紹介したいと思いますが、このアセットはマチネを使ったシネマティックのデモのために Samaritan demoのキャラクターをリフレクションのシーンに移植したものです。

実は先日行われましたGoogle I/O のプレゼンテーションでお見せした、次期アンドロイドデバイスLで動作するデモとして作成した Rivalry demo のPC用元データになります。

UE4のサブスクリプションに参加している方でしたらフリーでこのアセットをダウンロードすることが出来ます。是非、シネマティックシーン作成の参考にしていただけたらと思います。アニメーションのスピードを変えたり、アセットの作りこみ方を覗いてみたり、新規で作成したカメラでショットを足してみたり、と 楽しみながらアセットをいじって頂いて今後の参考になれば幸いです。

このアセット以外にも参考にしていただけるフリーアセットはマーケットプレイスにたくさんありますし、これからも増えていきます。 是非、ご自身のプロジェクトに役立ててみてください。

なにかご質問等ございましたら、 フォーラムやフェイスブックファンページでお待ちしております。

最近の投稿

アンリアル エンジン 4.19 Preview 1 がリリースされました

アンリアル エンジン 4.19 の Preview 1 がエピック ゲームズ ランチャーからダウンロードできるようになりました。すぐに入手して新

...

Unreal Dev Grants の受賞者が発表されました

アンリアル エンジン 4 でインディーゲーム、ツール、アニメーション長編映画を手掛けた世界中のデベロッパー達が選ばれました。

2018 年ゲーム業界期待のアンリアル作品

ゲーム業界の主要メディアが、年始に 2018 年期待のゲームを発表していますが、その中には、沢山のアンリアル エンジン プロジェクトが名を連ねています...