2016-6-21

ROKH が UE4 を採用して火星サバイバル ゲームを制作

作成 Brian Rowe

ポップ カルチャーのプロットから科学的な好奇心の探究まで、宇宙探検に対する社会の関心は非常に高まっています。数世紀にわたり、特にひとつの惑星が人類の想像の対象でした。それは火星です。

「人類は夢を持って探検する必要があります」と Darewise Entertainment のゲーム ディレクターである Marc Albinet 氏は語ります。「人類は地球全体をほぼ埋め尽くしました。残っているのは深海です。ですから、今度は上を見て星々のことを考えるのです。同時に、将来どこに住むのだろうか、という疑問にも対処しなければなりません。」

この疑問を念頭に、リアルなサンドボックス体験をプレイヤーに与えるために、Darewise が火星を 『ROKH』 の舞台に選んだのは当然の流れでした。このゲームは近日リリース予定のマルチプレイヤー サバイバル ゲームです。デバイスをプログラミングする能力を含む創意あふれるクラフティング メカニクスと異質な惑星の荒涼とした環境とを合わせたものです。


 
サイズが 400 平方キロメートルの 『ROKH』 の背景は NASA のデータから描画されましたが、正確さが必ずしもゲームプレイの楽しみにはつながらないことを Albinet 氏も認めています。『アサシン クリード ユニティ (Assassin's Creed Unity)』のゲーム ディレクターを務めた経験から、彼とチームは元の素材を使ってプレイヤーが楽しめる背景を作ることにしました。その一方で、多くの場合、見逃されがちな火星のバイオーム (生物群系)、資源、ランドスケープの多様性も表現しています。

わずか 12 か月しかない短い開発サイクルと、多くの複雑なゲームプレイのメカニクスをゼロから作るため、チームは迷うことなくアンリアル エンジン 4 を採用することにしました。「我々は、技術ではなくゲーム制作に集中する必要がありました」と Albinet 氏。

同氏によればプロトタイピングを迅速に行わなければならず、ブループリントとエディタの機能のシンプルさと奥の深さによって時間を節約し、予算を抑えることができた、とのことです。4 か月以内に、デモが動くようになり、イベントでの披露に間に合い、コミュニティを構築し始めました。コミュニティは『ROKH』のゲームプレイで不可欠な要素です。

『ROKH』のプレイヤーは思い切って単独でプレイしたり、互いに足を引っ張りあったりすることもできますが、主に協力に重点を置いたゲームになっています。「アーキテクチャ、プログラミング、クラフティング、収集など様々なゲームプレイ システムを我々がデザインする方法に固有のものがあります。非常に奥深いものであるため、ひとりのプレイヤーがあらゆるもののエキスパートはなれません。しかも、こうしたシステムは複雑なつながりがあるため、何人かのスペシャリストが一緒に作業して、非常に優れたものを制作する必要があります。」

ROKH のクラフティングは、標準的な範囲を超えたものです。プレイヤーは、道具、武器、ロボット、ビークルなど幅広いものを作成することができます。しかし、クラフティングは単に収集し、リソースのチェックリストにあるものを合わせて予測可能なアイテムを作ることではありません。チタンや鉄などの基本的なマテリアルは同じアイテムを作るために使用できることが多いですが、各マテリアルには独自の特性があり、それを活かして異なる性質を持つ最終製品にすることができます。

『ROKH』ではプレイヤーは完全に固有の構造物を作成することができます。連結するタイルを配置し、それを電線ダクト、通気口、その他のクラフティングしたデバイスと合わせて構造物を作成します。しかし、プレイヤーを新たな領域に引き上げてくれるのはゲーム内に加えたプログラミング システムです。例えば構造物に圧力を加え続けるためには、ポンプ、タンク、ジェネレータを適切にプログラミングしてエアロックを作ります。間違えると爆破や減圧に直面することになります。

Darewise はインゲームのツールを提供しますが、プレイヤーにルールや目標を定めてもらい、全体的な体験を自ら形作ってほしいと考えています。この信念に基づき、チームは開発を通してできる限り透明性を保ち、定期的にファンとやりとりしてパブリックの Slack チームにコミュニティを招くことさえしています。

アンリアル エンジンのコミュニティについて尋ねられると、「アンリアルのサポートは迅速、的確、効率的です。コミュニティが非常に大きいため、疑問や問題が生じたときに自分が探していることが簡単に見つかります。アンリアル エンジンは最善の選択であり、本当によかったと思います」と Albinet 氏は語ります。

詳細と最新ニュースについては、 Dev BlogTwitterFacebook で ROKH の動向をフォローしてください。デベロッパーと直接チャットするには、パブリックの Slack team に参加してください。

最近の投稿

『 Unreal Japan Stream 2018.5.17 』開催決定!

今回は、3 月にエピックゲームズが無料で提供したパラゴンアセットをご紹介!またその活用法についてお話します。

VR を使ったリアルタイム コラボレーションがデザインに大変革をもたらす

今までは地理的に離れたデザイナーは、必ずしも一緒に集まって作業できるとは限りませんでした。アンリアル エンジンを使って 2 つの会社が、地理的場所に関...

リアルタイム デザインが百花繚乱、Unreal Engine Build:Paris’18

Unreal Engine Build Paris’18 はこれまでで最大の Build イベントとなりました。参加企業がアンリアル エンジンを使って...