March 20, 2019

Magic Leap の Mica が GDC 期間中 Unreal Engine ブースでハンズオン デモとして公開に

作成 Dana Cowley

本日 Epic Games は、GDC の期間中 Unreal Engine のブース (Moscone South #349) にて Magic Leap 制作の『Mica』のハンズオン デモを公開すると発表しました。この発表は、オープニング セッションの『State of Unreal』で行われたものです。GDC への出席者は、展示日にブースに直接出向いて申し込むことができます。展示は 10:00 AM 開始です。

Mica』は、Magic Leap 社が制作した画期的なデジタル ヒューマンです。そこには MR (複合現実) と AI の交わりが見て取れます。この短めのインタラクティブなデモでは、ユーザーは Mica と協力して物理的な枠組みの中でビジュアル アートの大学を組み立てます。このような創造的な協力を通じてユーザーが体験できることは、Magic Leap の目標である人とテクノロジーの調和です。つまり判断とアイデアを共有することによってより良い未来を築くという方向性を実体験できるのです。

blog_body_mica.jpg

Mica は、Magic Leap のスペシャリストのチームによって Unreal Engine を使って開発されました。空間コンピューティング環境内でリアルなデジタル ヒューマンとなるべく開発されたのです。Mica は、データ中心の AI よりも人間中心の AI という考え方に基づき、ユーザー個人の生活を高める目的で開発されました。そのため、文化的コンテクストや行動的コンテクストやその他のコンテクストに配慮されています。AI が搭載されているため、Mica はユーザーの目を見たり、ユーザーを基準にして自分の方向を変える能力が備わっています。それによって、ユーザーはより深いレベルの心地良さが得られるようになります。

「Mica が教えてくれていることは、Magic Leap One を使って有意義な人間的結びつきが可能であるということです。このことは、空間コンピューティングによってインタラクティブなデジタル ヒューマンをユーザーの個人的な環境に置くことができたため可能となりました」と、Magic Leap で Human Centered AI 部門の担当部長を務める John Monos 氏は語ります。「Unreal Engine には最高峰のフォトリアル リアルタイム 3D グラフィックス機能と広範囲に及ぶカスタマイズ オプションが備わっているため、私たちは真実味のあるデジタル ヒューマンを制作することが可能になり、私たちのプラットフォームで必要な動作を実行させることができたのです。このような高いレベルの忠実度と AI のテクノロジーが一体となって、リアルな感覚と自然なインタラクションを牽引しているため、高いレベルの親しみやすさが実現できました。

「Magic Leap による Mica は、デジタル ヒューマン界における素晴らしい傑作です。リアルな表情や容姿、振る舞いがリアルタイムで表示されます」と Tim Sweeney (Epic Games のファウンダー兼 CEO) は述べています。「AR は単にグラフィックスのためのプラットフォームに留まらないはずです。人間のためのプラットフォームになっていくことでしょう!」

Epic は Magic Leap と長期に渡って技術協力を行ってきました。Unreal Engine が Magic Leap One プラットフォームをサポートするという発表は、昨年の GDC で行われています。Framestore や ILMxLAB、Schell Games、Peter Jackson’s Wingnut AR といった世界有数のコンテンツ クリエーターもすでに Unreal Engine を使って没入感の高いエクスペリエンスとアプリケーションを Magic Leap に向けて制作しています。