2019年10月21日

UE4のローカリゼーションに関する勉強会『Localization Deep Dive』を開催 ※講演資料を公開しました

作成 Support Team

Localization-Deep-Dive_1200x622_1571638473591.png

※ 2019/11/13 全講演資料を公開いたしました


発表者: 田中達大さま(ソレイユ株式会社)
 

発表者: 鍬農健二郎(Epic Game Japan)
 

発表者: 郷津風さま(ソレイユ株式会社)
 

発表者: 野津翔太郎さま(株式会社ユークス)

 

はじめに

Epic Games Japan Support Teamです。この度、ソレイユ様、ユークス様と合同で「UE4 Localization Deep Dive」を開催させて頂くことになりました。ローカリゼーションは、事例紹介などがあまりされない部分ではありつつも、多くのタイトルが対応しなければならない機能かと思われます。

今回は、まずEpic GamesからUE4のローカライズ関連機能のおさらいを行い、その後ソレイユ様、ユークス様が実際のタイトルでどのようにローカライズを行ったかをご講演頂きます。基礎から実践まで、ローカリゼーションに限定したDeep Diveです。

登壇者の皆様のご厚意により、一般参加者枠もご用意いたしました。
なお、枠数の関係で抽選とさせていただきます。ご理解いただけますと幸いです。

申込みはこちらから
https://connpass.com/event/151386/

タイムテーブル

時間 テーマ 発表者
13:45~14:30 開場・受付  
14:30~14:50
ローカライズに関する一般的な話
ローカライズって何?ゲーム開発事例
ソレイユ 田中様
14:50~15:20 UE4のローカライズ機能紹介
Engineが提供する機能と応用例
EGJ 鍬農
15:30~16:00
ちょっと古いUE4タイトルでの開発事例
アセットローカライゼーションの対応、手法、失敗例等
ソレイユ 礒貝様
16:10~17:00 最新UE4タイトルでの開発事例
Localization Dashboardの対応、設定や実装の流れ等
ソレイユ 郷津様
17:20~17:50
Localization case study on EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN
多言語実装にて実装した便利機能や制作ワークフローのご紹介
ユークス 野津様
 

参加費

無料

会場

東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトアキバプラザ5F アキバホール
https://www.fsi.co.jp/akibaplaza/

当日の受付

Connpassより発行される受付票をご提示ください。
http://help.connpass.com/organizers/event-ticket

注意事項

  • ゲスト用の Wi-Fi があります。
  • ブログ・ツイッター等での発信は積極的にお願いします。
  • 都合が悪くなった場合は早めのキャンセル処理をお願いします。
  • 運営が相応しくないと判断した方の参加はご遠慮いただくことがあります。

主催・協賛(五十音順 敬称略)

Make Something Unreal

最高にパワフルな制作エンジンを使って素晴らしいものを作りましょう。

今すぐ始める